SEブログ

【Mac】BootCampとParallels Desktopの比較と選び方

 

 

記事のタイトルの通り、ここでは BootCampとParallels Desktopの比較と選び方について纏めました。

 

 

まず、MacOS 上で Windows を使う方法は主に以下の 2 つです。

 

  • BootCamp (ブートキャンプ)
  • Parallels Desktop (パラレルデスクトップ)

 

 

それぞれによって使い方が大きく違います。どちらが皆さんの使い方に向いているのか、導入前に知っておいた方が良いでしょう。

 

 

シンプルな BootCamp、次に便利な Parallels の順で説明して、比較してまとめました。よって Mac で Windows を使う前の参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク

BootCamp とは

 

 

BootCamp は Mac の電源投入時に Mac か Windows どちらかを選択し、その後に選択した MacOS 或いは Windows が起動します。

 

 

したがって、MacOS か Windows どちらかしか起動できない仕様となっております。使い方は上の電源導入時の選択以外は特に変わりませんので使い方は特に変わりません。

 

 

昔は Windows や Linux を 1 台で起動できるようにした頃が一時ありましたが、 その頃は「デュアルブート」と言われておりました。これも同じようなものです。

 

 

どちらかの OS しか起動できませんが、CPU やメモリをMac あるいは Windows が占有できますのでマシンが持つパワーを最大限に発揮できます。

 

 

また、BootCamp は無料というか、MacOS の標準の機能で使用することができます。サードパーティ製のツールではないので、私も使っておりますが動作的には安定しております。

 

 

 

スポンサーリンク

Parallels Desktop とは

 

 

Parallels Desktop は起動中の MacOS の中で Windows を動かす方法になります。最近よく言われる「仮想化技術」を使って Windows を動かします。よって使い方が少し煩雑になります。

 

 

両方の OS が同時に動きますので CPU やメモリや HDD などの PC のリソースを MacOS と Windows 両方を消費します。

 

 

したがって PC には負担がかかりますので、あまり負荷をかけすぎないよう使い方を注意する必要があります。

 

 

とはいえ、1 台の PC で Mac と Windows を両方使いたい人にとっては非常に便利です。

 

 

Parallels Desktop は BootCamp とは違い Apple ではなく Parallels 社の製品になります。有料ソフトになります。

 

 

 

Parallels Desktop か BootCamp のどちらを選ぶか

 

 

このようにまずは BootCamp と Parallels Desktop の説明としましたが、どちらか判断する上ではこの説明で充分かと思います。

要するに簡単に言えば、「MacOS と Windows を同時に使うかそうでないか」が一番の判断材料になります。

 

 

同時に使いたければ Parallels でしょうし、どちらかで良いという事であれば、BootCamp のほうで良いでしょう。

 

 

という事で、まずは簡単に以下纏めてみました。

 

種類 メリット デメリット 難易度
BootCamp ・PC のパフォーマンスが最大限に出せる

・無料で使え、Apple 製なので安定している

・Mac と Windows が同時に使えない PC 初心者
Parallels Desktop ・Mac と Windows が同時に使える ・使い過ぎると過負荷で不安定になる

・有料

PC 中級者

 

 

 

スポンサーリンク

使用例

 

 

MacOS と Windows を同時に使うかそうでないかはそんなに簡単に決められないかもしれません。

 

 

シンプルに考えると、Mac で使うアプリを基準に考えれば良いかと思います。といってもよくわからないので、以下の例でユースケースを持って簡単に説明してみます。

 

 

 

フリーランスのデザイナーの場合

 

 

デザイナーの方であれば、MacOS で使っている Photoshop やイラストレーターなどのアプリを常に使うはずです。

 

 

しかしながらフリーランスで確定申告に入力する出納帳は Windows でしか動かないアプリがまだあります。

 

 

最近クラウドベースは増えてますが、税理士と契約する場合、税理士が使う確定申告アプリに合わせる必要がある為、税理士が使う確定申告アプリが Windows のみ対応という場合があります。まぁそもそも Mac を主に使う税理士がいるのかという話ですけど。

 

 

この場合は BootCamp でも Windows でもどちらでも良いでしょう。その人の使い方によると思います。私は BootCamp をお勧めします。

 

 

確定申告は長時間使いませんし、確定申告アプリの為だけに Parallels Desktop の管理やコストを出すのは割りに合わないと思う為です。

 

 

 

プログラマーや エンジニアの場合

 

 

この種類の方はコーディングがメインとなるかと思いますが、動作検証の為に Windows 環境を使う人が多いのではないかと思います。

 

 

コーディングなどの開発業務とテストなどの検証業務を並行して行う必要が多い為、BootCamp はこういう使い方には向いていません。Parallels Desktop を使う必要があります。

 

 

 

PC 初心者だが両方とも使いたい場合

 

 

私の友人がその一人でした。PC 初心者でしたが BootCamp は面倒なので、Parallels Desktop と使って MacOS と Windows を両方使いたいという考え方です。

 

 

この場合は、お金を出してでも誰かパソコンに詳しい人に対応したほうが良いでしょう。環境を設定した後も使い方や管理面でも詳しい人のサポートが必要になります。

 

 

 

スポンサーリンク

どのくらいの性能や環境が必要か

 

 

使い方にもよりますが、私は MacBookPro も 高スペックの iMac も使っているので、ある程度言えるのは、動画編集や負荷の高い検証をするのであれば、高スペックのマシンが良いでしょう。

 

 

ただしそうでなければ、MacBookPro の標準的なスペックで良いと思います。画像編集やコーディングも並行して問題なくできますし、普通の PC と同じように負荷に気を付ければ問題ないと思います。

 

 

 

BootCamp の場合

 

 

MacOS か Windows どちらかの一つの起動となるので、基本的に MacBook Pro の標準的なモデルで充分です。私は BootCamp で Windows 10 を使っていますが、とても快適に動いてくれます。

 

 

 

 

 

Parallels の場合

 

 

MacOS と Windows が同時並行で動くので、Windows の使い方によっては上にある MacBook Pro のスペックでは足りなくなる可能性があります。

 

 

気を付けたいのは SSD の容量です。Windows 10 は最低でも 70 GB くらいはあったほうがいいです。MacBook Pro のモデルだと、128 GB のモデルもあるので、それを買ってしまうとあとで容量が足りなくなって首が回らなくなる可能性があります。

 

 

容量は少なくとも 256 GB くらいはあったほうが安心でしょう。

 

 

 

 

また、作業スペースを考慮すると、MacBook Pro 13インチの画面だけでは足りないので、外付けモニタもあったほうが良いです。

 

 

 

注意しなければならない点

 

 

BootCamp や Parallels Desktop で 一旦 Windows をインストールしたら、Windows はしっかりと管理しなければなりません。

 

 

ここで言うのは特にセキュリティーの部分になります。Windows アップデートは常に最新の状態にすることと、できればセキュリティソフトもインストールすべきだと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

いかがでしょうか。BootCamp と Parallels Desktop の比較について書きましたが、どちらが自分に向いているか迷うかもしれません。

 

 

Mac で使えないアプリの整理や作業などを洗い出してみて、それが BootCamp でも良いのか、Parallels Desktop ではないといけないのか、よく考えてみると良いでしょう。

 

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!