Windows11をインストールする方法 (TPM無しでも可)

Windows 11

Windows11をインストールする方法 (TPM無しでも可)

2021年11月23日

こんにちは!そーまんです。

今回は、Windows11をインストールする方法をご紹介いたします。またTPM 無しでもインストールができる方法も併せてご紹介いたします。

また、Windows11の要件であるTPMについて、PCにTPMが内蔵されていなくても、非サポートにはなるかと思いますがインストールは問題なくできました。ただしロシアや中国の一部の国では TPM を規制しているようなので、実際は無くても一部の機能は使えないかもしれませんが、動作的には問題ないのかとは思っております。


Windows11のシステム要件

普通の PC であれば特にインストールする為の要件は CPU やメモリーやストレージには問題ないかと思いますが、TPM が内蔵されている点が要件の大きなポイントになります。一回り古い PC だと TPM が内蔵されていないモデルが多いんですよね。ただし非サポートかもしれませんが回避してインストールすることは可能です。

ハードウェアその他要件
CPU1 GHz 以上且つ 2 コア以上 (または System on a Chip)
メモリー4 GB 以上
ストレージ64 GB 以上
システム ファームウェアUEFI、セキュア ブート対応
TPMTPM バージョン 2.0
グラフィックス カードDirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー)
ディスプレイ対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ
その他インターネット接続と Microsoft アカウント
Windows11のシステム要件


Windows11 のインストールメディアを作る

Microsoft の以下のサイトからインストールメディアを作っておきましょう。

Windows11 のインストール メディアは DVD または USB メモリを使って作ることができます。

以下に Windows11 のインストールメディアの作成方法をご紹介していますのでご参考になれば幸いです。


Windows11をインストールする手順

1. 「次へ」をクリックする。

2. 「今すぐインストール」をクリックする。


3. ここでライセンスキーを入力して認証することもできますし、入力せずに評価版として使用することもできます。その後にインストールするエディションを選択します。「Windows 11 Pro for Workstations」というのが気になりますね。


TPM が内蔵されておらずインストールが出来ない場合

1. TPM が内蔵されていないとここで怒られます。

非サポートになるかとは思いますが、もし TPM 無しでインストールする場合は「Shift」キーを押しながら「F10」キーを押すと黒い画面が登場してそこから回避する為のレジストリを入力すればインストールできるようになります。


2. 「regedit」と入力して Enterキー を押すとレジストリエディターが表示されます。


3. 以下の画像のとおりレジストリを作成する。以下表の順番で作成する流れです。

順番作成するレジスト作成するレジストリの内容
1レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup に「LabConfig」というキーを作成
2レジストリデータREG_DWORD
3レジストリの値1


4. チェックボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックする。


5. 今回は新規インストールなので、「カスタム:Windows のみをインストールする (詳細設定) 」をクリックし、OS をインストールするドライブの容量を設定して「次へ」をクリックする。


6. OS のインストールが開始され、完了後に自動的に PC が再起動される。


7. OS の再起動後、初期設定が開始されるので、以下の画像のように設定してゆきます。


8. キーボードのレイアウトはそのままの設定で進めて良いかと思います。


9. PC 名を設定します。


10. 今回は個人用か職場または学校用に設定します。それぞれの説明は以下のとおりです。

設定の種類設定の説明Microsoftアカウント
個人用に設定個人使用の場合はこれを選択します。必須。無いと初期セットアップができない。
職場または学校用に設定する企業や学校の場合はこれを選択します。必須ではない。代わりにドメイン認証を利用する。


11. 「代わりにドメインに参加する」をクリックし、次に作成するユーザー名を入力して「次へ」をクリックする。


12. 作成するユーザー名のパスワードを入力して「次へ」をクリックする。


13. 作成するユーザー名のセキュリティーの質問を入力し、デバイスのプライバシー設定を設定して「同意」をクリックする。


14. OS の初期設定が完了しました。


15. とうとう Windows 11 のデスクトップ画面が表示されました!スタートメニューのデザインが大きく変わっていますね。

これでやっと Windows 11 関係の記事が書けるので嬉しいですね。


最後に

いかがでしょうか。

Windows 11 のインストール方法は特別に従来のバージョンと変わるものではなかったかと思います。

それでは最後までお読みいただき有難うございました!

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りな性格です。

人気記事

1

こんにちは!そーまんです。 今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。 本題に入る前に、一応参考までにGPOの適用タイミングについての記事をここに貼りましたので、必要に ...

2

こんにちは!そーまんです。 今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは前置きからです。 まずはじめに 組織では PC のラ ...

3

こんにちは!そーまんです。 今回は、グループポリシー (GPO) を使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに ローカル管理者権限 (以下は特権と記載) を付与する方法について書きました ...

4

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 Windows 10 の検証環境をいじってたらサイン ...

5

こんにちは!そーまんです。 今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。 企業の場合よくあることですが、1 台の PC を共有 PC として複数人で使ったり、また余り無いかもしれ ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows Server 2019 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。 NTP サーバーの必要性や時刻同期の重要性を理解することは社内のシス ...

-Windows 11
-