【Windows10】一時ユーザープロファイルの問題を解決する

Windows 10

【Windows10】一時ユーザープロファイルの問題を解決する

2018年9月8日

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。

 

 

Windows 10 の検証環境をいじっていましたら、何が原因かは不明ですが、サインイン後に一時ユーザープロファイルというものが勝手に生成されてしまいました。

 

 

一時ユーザープロファイルは新しく生成されるユーザープロファイルです。普段使用しているデスクトップ上のファイルやドキュメント、ブラウザのお気に入り、デスクトップのカスタマイズした背景画面などはありません。初めてこの問題に出くわした場合、「あれ?いつも使っているドキュメントとかがない!」と、超焦るかもしれません。

 

 

ユーザープロファイルについて知りたい方は、以下の記事を読んでいただけますとご理解頂けるかかと思います。

 

 

 

 

一時ユーザープロファイルとは?

 

 

一時ユーザープロファイルとはユーザープロファイルの事です。何らかの原因で、普段使用しているユーザープロファイルが読み込まれずに、一時的に仮のユーザープロファイルを作成されるものになります。実際にどんな状態かスクリーンショットで画面を取得したので見てみましょう。

 

 

1. 検証でいつも使っている、User1 でサインインします。

 

 

 

2. サインイン後に、「アカウントにサインインできません」という長方形のウィンドウが表示されました。これが一時ユーザープロファイルでサインインしている状態になります。

 

 

 

3. C:\Users フォルダを見てみると、TEMP.SOMAENG というユーザープロファイルが出来上がっていました。この TEMP というのが一時ユーザープロファイルを指します。

 

 

 

4. 本当に一時ユーザーロファイルにサインインしているか、ファイルを作成して確認してみました。

 

 

 

では、どうやって直せば良いでしょうか。基本的には再起動やサインアウト→サインインでは直らない場合が多いかと思います。

 

 

 

解決方法

 

 

他にもあるかもしれませんが、私が解決した方法としては、一時ユーザープロファイルのレジストリキーを手動で削除し、PC を再起動する事です。これで直るはずです。

 

 

1. コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行してログオン中のユーザー SID を確認します。

 

whoami /user

 

 

 

2. Windows のスタートメニューから [regedit] を入力し、レジストリエディタを起動します。管理者ユーザーでなければ、コマンドプロンプトを管理者として実行します。

 

 

 

2. 以下の場所へ移動しますと、一時ユーザープロファイルのレジストリキーがあるはずです。

 

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList

 

 

 

3. 一時ユーザープロファイルのレジストリキーを確認します。手順の 1 で確認した SID と同じものがあるはずです。同じ SID に .bak が表示されているものを削除します。間違って他のを削除しないように気をつけてください。

 

 

 

4. [はい] をクリックします。

 

 

 

5. 一時ユーザープロファイルのレジストリキーが無くなりました。

 

 

 

これで終わりです。では PC を再起動し、サインインして正しいユーザープロファイルが読み込まれるか確認してみましょう。

 

 

しかしこれでも解決されない場合があったりします。この場合はユーザープロファイルを一旦削除しなければならない場合があります。

 

 

以下の記事を見ていただき、ユーザープロファイルを削除して解決するか試してみる事をおすすめします。その際に上の方法でレジストリも削除する事をお忘れなく。

 

 

 

 

確認方法

 

 

では、正しくユーザープロファイルが読み込まれなかった User1 でサインインしてみます。

 

 

 

 

User1 のユーザープロファイルが正しく読み込まれました。

 

 

 

後で分かったのですが、一時プロファイルは生成されて消えないのですが、システムのプロパティから表示するユーザープロファイルには一時プロファイルがありませんでした。残っていたら削除してしまいましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしょうか。ドメインに参加しているコンピューターですと、ネットワーク通信速度やその他の原因で一時ユーザープロファイルでサインインしてしまい、一時ユーザープロファイルが生成されてしまう場合があるそうです。原因の特定は難しいかもしれませんが、この方法で解決できる事は確認できました。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りでマイペースな人です。

人気記事

1

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。     グループポリシー ...

2

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは ...

3

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、グループポリシーを使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに Administrators 権限を ...

4

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 ...

5

こんにちは!SEブログの相馬です。       今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。     1 台の PC を複数人で ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、Windows Server 2016 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。   & ...

-Windows 10
-