SEブログ

【Windows10】一時ユーザープロファイルの問題を解決する

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、Windows サインイン後に一時プロファイルが読み込まれてしまった場合の問題を解決してみました。

 

 

Windows 10 の検証環境をいじっていましたら、何が原因かは不明ですが、サインイン後に一時プロファイルというものが勝手に生成されてしまいました。

 

 

一時プロファイルのデータは空ですので、デスクトップやドキュメント、お気に入り、デスクトップ画面の設定などは全て初期状態になっており、今まで使用していた環境は全くありませんので、初めてこの問題に出くわした場合、「あれ?いつも使っているドキュメントとかがない!」と、超焦るかもしれません。

 

 

 

一時ユーザープロファイルとは?

 

 

一時プロファイルとはユーザープロファイルの事です。何らかの原因で、普段使用しているユーザープロファイルが読み込まれずに、一時的に仮のユーザープロファイルを作成されるものになります。実際にどんな状態かスクリーンショットで画面を取得したので見てみましょう。

 

 

1. 検証でいつも使っている、User1 でサインインします。

 

 

 

2. サインイン後に、画像にある長方形のウィンドウが表示されました。これが一時プロファイルでサインインしている状態になります。

 

 

 

3. C:\Users フォルダを見てみると、TEMP.SOMAENG というプロファイルが出来上がっていました。

 

 

 

4. 本当に一時プロファイルにサインインしているか、ファイルを作成して確認してみました。

 

 

 

では、どうやって直せば良いでしょうか。基本的には再起動やサインアウト→サインインでは直らない場合が多いかと思います。

 

 

 

解決方法

 

 

他にもあるかもしれませんが、私が解決した方法としては一時プロファイルのレジストリキーを手動で削除し、PC を再起動する事です。これで直るはずです。

 

1. Windows のスタートメニューから [regedit] を入力し、レジストリエディタを起動します。管理者ユーザーでなければ管理者として実行します。

 

 

 

2. 以下の場所へ移動しますと、一時プロファイルのレジストリキーがあるはずです。

 


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList

 

 

 

 

 

 

3. 一時プロファイルのレジストリキーを削除します。間違って他のを削除しないように気をつけてください。

 

 

 

 

4. [はい] をクリックします。

 

 

 

5. 一時プロファイルのレジストリキーが無くなりました。

 

 

 

これで終わりです。ではサインインして正しいユーザープロファイルが読み込まれるか確認してみましょう。

 

 

 

確認方法

 

 

では、検証ユーザでしようしている User1 でサインインしてみます。

 

 

 

 

 

1. 正しく User1 のユーザープロファイルが読み込まれました。

 

 

 

2. 後で分かったのですが、一時プロファイルは生成されて消えないのですが、システムのプロパティから表示するユーザープロファイルには一時プロファイルがありませんでした。

 

 

 

 

以上になります。いかがでしょうか。ドメインに参加しているコンピューターですと、ネットワーク通信速度やその他の原因で一時プロファイルでサインインしてしまう場合があるそうです。原因の特定は難しいかもしれませんが、この方法で解決できる事は確認できました。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!