【Windows Server 2022】評価版のライセンス期間を延長する方法

Windows Server 2022

【Windows Server 2022】評価版のライセンス期間を延長する方法

こんにちは! そーまんです。

今回は、Windows Server 2022 の評価版ライセンスを延長 (リセット) する方法について書きました。

私はこのブログを書くにあたって、基本的に評価版を使っています。評価版なので当然有効期限がありますので、一旦切れてしまうと使用に制限がかかってしまいます。ですので、こういった延長する事ができる事は大変助かっています。

また評価版をダウンロード・インストールされていない方は、以下の記事に画像付きで説明しております。参考にしてもらえると嬉しいです。

Windows Server 2022 評価版を使う目的

検証などの目的で使われます。Windows Server 2022 の場合、有償版ライセンスと機能的には差異はありません。

また、商用利用を目的とした使用はできませんのでご注意ください。

Windows Server 2022 評価版の有効期限

使用開始時には 180 日になっています。およそ半年ですので期間としては非常に長い有効期限かと思います。

また、6 回延長(リセット)ができますので、180 日 × 6 回で、合計 1080 日使用ができます。ほぼ 3 年間使用ができるわけです。

OS の上にインストールして評価するミドルウェアなどの評価期間もありますので、それよりも早く OS の評価期間が切れてしまわないように考慮されているのかもしれません。

有効期限の確認方法

コマンドプロンプトで slmgr /dli を実行しますと、有効期限について残りの日数と分単位が確認できますが、slmgr /dlv を実行しますと、有効期限について残りの日数と分単位以外にも、残りのリセット回数が確認できます。

ただし有効期間の期限切れの場合は残りの日数などは表示されません。以下の画像のように「猶予期間の期限切れ」と表示されます。

slmgr /dli残りの日数と分単位が確認できる
slmgr /dlv 残りの日数と分単位以外にもリセット回数も確認できる

有効期限の延長(リセット)方法

コマンドプロンプトで slmgr /rearm を実行しますと、有効期限がリセットされます。リセットしても設定は消える事はございませんので安心してください。

OS の再起動後に、有効期限が 180 日にリセットされている事が確認できます。

コマンドプロンプトで slmgr /dli を実行して有効期限について残りの日数と分単位が確認するとリセットされている事が確認できます。

コマンドプロンプトで slmgr /dlv を実行して、リセット回数を確認しますと、1 回減っている事が確認できます。

お疲れ様でした。これでまた使える期間が180日になりましたね。

まとめ

いかがでしょうか。評価版は設計する際や色々な目的でも使用されるかと思われます。180 日もあれば充分かもしれませんが、意外と足りなかったりする時もあるかと思います。

気付いた時には有効期限が切れてしまっていたという事がないように、6 回リセットできるので、気付いた時にリセットしてしまうのも良いかもしれません。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りな性格です。

人気記事

1

こんにちは!そーまんです。 今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。 本題に入る前に、一応参考までにGPOの適用タイミングについての記事をここに貼りましたので、必要に ...

2

こんにちは!そーまんです。 今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは前置きからです。 まずはじめに 組織では PC のラ ...

3

こんにちは!そーまんです。 今回は、グループポリシー (GPO) を使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに ローカル管理者権限 (以下は特権と記載) を付与する方法について書きました ...

4

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 Windows 10 の検証環境をいじってたらサイン ...

5

こんにちは!そーまんです。 今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。 企業の場合よくあることですが、1 台の PC を共有 PC として複数人で使ったり、また余り無いかもしれ ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows Server 2019 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。 NTP サーバーの必要性や時刻同期の重要性を理解することは社内のシス ...

-Windows Server 2022
-