SEブログ

【Windows10】パッケージ版・OEM版・DSP版の違いについて

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、Windows 10 のパッケージ版・OEM 版・DSP 版の違いについて書いてみました。

 

 

通常、メーカーの PC を購入すると必ず一緒に Windows などの OS が付いてきます。ご存知のとおり、PC を使う為には OS (オペレーティングシステム) が必須であり、これが無いと動作しません。

 

 

しかし、中には新品でもメーカーの PC でも OS 無しモデルがあったり、中古で OS 無しモデルもありますし、PC を部品毎を購入して自作するというような場合もあります。

 

 

このような場合は、OS が無い分、メーカーの PC で OS 付属のものより価格が安いです。

 

 

よって、この記事を読む方は、以下の対象になるかと思います。

 

 

・OS 無しモデルの PC を購入したので、Windows を単体購入する方

・PC は持っているが、最新の Windows に入れ替えたい・バージョンアップしたい方

・同じバージョンの Windows でも別のエディションを使いたい方

 

 

では早速、それぞれの違いについて説明してゆきますが、その前に Windows のライセンスの前提を押さえておく必要があります。

 

 

それは、購入するのはパッケージ版、OEM 版、 DSP 版のソフトウェアではなく、あくまでもそれぞれにおけるライセンスを使用する権利を購入すると言う事を理解しておきましょう。

 

 

 

パッケージ版とは何か?

 

 

Windows のみ販売されているものになります。パッケージ版とは別にリテール (Retail) 版とも呼ばれます。パッケージ版を購入する方は、基本的には既に PC を持っている、或いは PC を自作する方になるかと思います。

 

 

また、ライセンスの点で言いますと、1 台の PC のみであれば、どの PC でもインストールして問題はありませんが、PC に Windows をインストールしなければならない手間が発生します。(手間と言ってもインストール作業はとても簡単ですし、かかる時間も PC の性能にもよりますがそれほどでは無いです。)

 

 

パッケージ版ではWindows 10 Home と Pro が購入できます。

 

 

Windows 10 Home

 

Windows 10 Pro

 

 

ちなみにパッケージ版は、家電屋さんや、PC 関連のショップで販売されております。

 

 

 

OEM 版とは何か?

 

 

OEM 版とは Original Equipment Manufacturer の略であり、訳すと製造業者、ここで言うメーカー (例えば DELL や HP など)が備え付けているライセンスと言う意味になります。

 

 

つまり、メーカーの PC を購入すると一緒に付いてくる Windows を指します。

 

 

PC にプリインストールされておりますので、インストールする手間が無く、購入してからすぐに使い始めることができます。恐らく購入する方が一番多いのがこの OEM 版でしょう。

 

 

OEM 版ではWindows 10 Home と Pro が購入できます。

 

 

Windows 10 Home

 

Windows 10 Pro

 

 

ライセンスの点で言いますと、プリインストールの Windows を他の PC にインストールする事はできません。また、メモリ増設程度であれば大丈夫かと思われますが、基本的に部品の交換もできないようです。

 

 

また、Windows の機能に付いてはパッケージ版と同じですので、特に気にされる事はございません。

 

 

 

DSP 版とは何か?

 

 

DSP とは Delivery Service Partner の略であり、小規模のコンピューターメーカーや開発業者によって使用される OEM のソフトウェアバージョンを指します。

 

 

ソフトウェアにおいての OEM と DSP の意味は同じであるようですが、OEM 版は DELL や HP などのハードウェアメーカーの名前を持っており、マニュアルやライセンスに記載されていますが、DSP 版はマニュアルやライセンスにメーカーの記載はありません。ですが、DSP 版は OEM をうたっています。

 

 

DSP 版は、Windows と一緒に付いてくる部品を PC に組み込んであげる事が使用する条件になります。また主にデスクトップ PC 向けの部品が多いようです。ですので自作 PC 向けの方に適しています。 

 

 

また、例えば DSP 版の Windows 10 をインストールして使っていた PC が故障して使えなくなってしまった場合、一緒に付いてくる部品を組み込んであげれば、別の PC で使用する事ができます。また、その部品が PC に組み込んである限り、他の部品を交換しても大丈夫です。

 

 

また OEM 版より汎用的なパッケージで、大量販売である為に安いようです。

 

 

DSP 版ではWindows 10 Home と Pro が購入できます。

 

 

Windows 10 Home

 

Windows 10 Pro

 

 

また、Windows の機能に付いてはパッケージ版と同じですので、特に気にされる事はございません。

 

 

 

Windows 10 Home と Pro について

 

 

Windows 10 Home と Pro の昨日の違いについては、別記事で説明しておりますので、参考にしていただければと思います。

 

【Windows10】エディションについて

 

 

その他の情報

 

 

プロダクトキーとは何か?

 

 

Windows をライセンス認証する為に必要なアルファベット 25 文字を指します。

 

 

 

ボリュームライセンスキーとは何か?

 

 

プロダクトキーと同じですが、ボリュームライセンスキーとは複数の PC にインストールするような場合に使われ、組織、企業の中でのみ使用が許可されているキーになります。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしょうか。このようにWindows 10 を単体購入するか、プリインストール版の PC を購入するかは皆さん次第ですが、それぞれの特徴を抑えておくとトータルコストを安く済ませる事ができる場合がございますので、本記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!