【Windows Server 2019】Windows Admin Center をインストールする

Windows Server 2019

【Windows Server 2019】Windows Admin Center をインストールする

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、Windows Server 2016 に Windows Admin Center をゲートウェイモードでインストールしてみました。

 

 

Windows Admin Center の概要については、以下の記事で紹介しておりますので参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

Windows Admin Center がインストールできる OS

 

 

一応、おさらいという事で、Windows Admin Center をインストールできる Windows OS は以下になります。

 

  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

 

 

また、デスクトップモードとゲートウェイモードというのがあり、用途によって Windows Admin Center を Windows 10 にインストールするか、Windows Server にインストールするか選択する必要がありますので注意が必要になります。

 

インストール OS モード 使い方 URL (例)
Windows 10 デスクトップモード Windows Admin Center をローカルで実行する。これはインストールした PC から Windows Admin Center に接続する用途。 https://localhost:6516
Windows Server ゲートウェイモード Windows Admin Center を共有する事が可能。別のコンピューターのブラウザーから Windows Admin Center に接続する用途。 https://サーバー名.ドメイン名

 

 

 

Windows Admin Center をダウンロードする

 

 

以下の URL にアクセスして Windows Admin Center をダウンロードします。Windows Admin Center または Windows Admin Center Preview のいずれかをダウンロードします。ここでは Windows Admin Center をダウンロードします。

 

Windows Admin Center の概要 | Microsoft

 

 

 

 

Windows Admin Center をインストールする

 

 

ダウンロードしましたらインストールしましょう。今回は Windows Server 2019 にインストールしました。

 

 

1. インストーラーを実行します。

 

 

!注意:ドメインコントローラーには Windows Admin Center はインストールできません。

 

 

2. チェックボックスにチェックを入れ、[次へ] をクリックします。

 

 

 

3. 更新プログラムを確認する際に Microsoft Update を使うか使わないか選択し、[次へ] をクリックします。

 

 

 

4. [次へ] をクリックします。Windows Server の場合は自動的にゲートウェイモードとしてインストールされます。

 

 

 

5. [次へ] をクリックします。

 

 

 

6. 証明書の構成を選択し、[インストール] を選択する。ここでは自己署名 SSL 証明書を使います。

 

 

 

7. Windows Admin Center のインストールが完了しました。[完了] をクリックします。

 

 

 

 

Windows Admin Center から管理対象を追加する

 

 

1. ブラウザのアドレスバーに上の 7 番で表示された URL を入力して Windows Admin Center に接続します。ユーザー名とパスワードを入力して [OK] をクリックします。

 

 

 

2. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

 

 

 

3. [追加] をクリックし、接続の種類をクリックし、今回はサーバーをクリックしましたのでサーバー名を入力します。その後にそのサーバーに接続できるログオンアカウントとパスワードを入力して [資格情報を含めて追加] をクリックします。

 

 

 

4. [追加] をクリックしますと、管理対象のサーバーが追加されます。では早速追加されたサーバーをクリックしてみます。

 

 

5. 管理対象のサーバーのサーバーマネージャーの画面が表示されます。ここから各種ツールを実行する事ができます。

 

 

 

6. 試しにエクスプローラーを参照してみました。フォルダやファイルが見れて削除などもできますので便利ですね。

 

 

 

まとめ

 

 

以上になります。いかがでしょうか。このように Windows Admin Center は簡単にインストールできて、ゲートウェイモードであれば複数の PC から Windows Admin Center をインストールしたサーバーの Web コンソールにアクセスできますので、どれか 1 台にインストールしておけば良いですね。

 

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りでマイペースな人です。

人気記事

1

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。     グループポリシー ...

2

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは ...

3

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、グループポリシーを使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに Administrators 権限を ...

4

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 ...

5

こんにちは!SEブログの相馬です。       今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。     1 台の PC を複数人で ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、Windows Server 2016 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。   & ...

-Windows Server 2019
-,