Windows 10

MiniTool Power Data Recoveryで無料でデータ復元する方法

2020年8月23日

こんにちは!そーまんです。

今回は、MiniTool Power Data Recovery というツールを使い、無料でデータ復元する方法について書きました。

データ復元ツールは世の中に多いので、まずは MiniTool Power Data Recovery って何?っていう説明のところから入ります。ツールの特徴なども理解して頂いて実際に使ってみたらよいかなと思います。


MiniTool Power Data Recovery とは

Windows の PC と Server 向けのデータ復元に特化したツールになります。

様々な種類のストレージに対応しており、HDD・SSD・USB メモリ・メモリーカードに対応しております。

ゴミ箱からも削除したファイル、パーティションやディスクをフォーマットした場合、OS 起動不可などのトラブル時にデータ復元をする事ができる、困った時に助けてくれる信頼できるツールです。


MiniTool 社の紹介

MiniTool 社はカナダと香港にあり、PC とサーバのディスクの管理やバックアップと復元、およびデータ復元に特化したソリューションを提供している企業になります。

また、ソフトウェアのダウンロード数は 2020 年 8 月現在で 9,000 万に到達するほどの勢いで世界中の人々に使われています。

またグローバル的には有名なソフトウェアですので、信頼して使用する事ができます。


MiniTool Power Data Recovery 10 の新機能

MiniTool Power Data Recovery は、2021年 7月 20日にバージョン 10 にメジャーアップデートしました。

現在は 10.1 になっておりますが、今回のアップデートにより、現在の 10.1 まで3 つの機能が追加されたり、Windows 11 の対応が追加されております。また画面も新しくなりました。

機能 説明バージョン
より明確なツリー構造で検出されたファイルを表示操作性の改善10.1
真新しく強化されたフィルターオプション操作性の改善10.1
終了する前にスキャン結果を簡単に保存操作性の改善10.1
Windows 11に対応最新の OS に対応10.1
インターフェースを一新視認性の改善10.0
FAT32型のディスク上のデータ復元効果を大幅に改善復元の品質が改善10.0
いくつかのバグを修正品質の改善10.0
MiniTool Power Data Recovery 10 の新機能の一覧


またバージョン 9 で発生していたスキャン中に画面を最小化できない問題は解消されていたので個人的にはこういった事が改善されていて良かったです。


MiniTool Power Data Recovery をお勧めする理由

1 GB までの復元であれば無料

多くの復元ソフトはインストールして復元したいファイルを探す事はできますが、実際に復元しようとすると「復元の機能は有料なので購入が必要です」と購入を促されます。

一方、MiniTool Power Data Recovery は条件付きではあるものの、1 GB までなら無料で復元できます。これは素晴らしいと思います。

使い慣れて気に入って、制限された機能を解除したいといった場合は、ライセンスを購入して他の便利な機能も使うといった事ができるわけです。


簡単な操作性

MiniTool Power Data Recovery の良いところは、初心者でもデータ復元ができる簡単な操作性にあると思います。

簡単に様々な状況に合わせたデータ復元、例えばゴミ箱から復元、デスクトップから復元、パーティションから復元など、目的に合わせた操作が用意されているので簡単に操作ができます。

他者のツールの場合、よくあるのが一旦ディスクを全てスキャンしてから、復元したフォルダを探してから対象のファイルを探しにいって復元するという操作が一般的かと思います。

一方で Power Data Recovery は復元したい場所が既に用意されているので、直感的に操作ができます。

したがって、簡単だけではなく、初心者含めて復元操作が効率的だと思います。

他にも、フラッシュメモリや光学メディアも復元からも復元ができるのでとても便利です。また、スキャンの開始位置と終了位置を指定することができます。これは上級者ですが、ディスクの特定の領域が読めない場合、スキャンの開始と終了の場所を指定する事ができます。


Power Data Recovery に改善して欲しいところ

1 GB まで復元が無料なのは確かに嬉しいのですが、世の中データのサイズが年数とともに大きくなっている為に、5 GB くらい大きくして頂きたいと思います。10 GB あってもそんな大した容量ではないと思います。ただそもそも有料ソフトなのでお試しという立場なので難しいところではあるかなとは思います。


無料版と有料版の違い

機能・サービス無料版有料版
復元可能データ量の制限1GB無制限
利用可能なPC台数制限
(ライセンスあたり)
無制限1~3 PC (プランによる)
前回スキャン結果の再読み込み
.rssファイルを手動でインポート
復元する中身のプレビュー機能別途ダウンロード必要
ベーシック/ダイナミックディスクから復元
WinPE Bootable Builder搭載
(OSが崩れてもデータ復元も可能)
アップグレードサービス〇 無料アップグレード
技術サポート〇 メールサポート〇 メールサポート
MiniTool Power Data Recovery 無料版と有料版の違い


MiniTool Power Data Recovery のインストール方法

1. MiniTool Power Data Recovery Free のダウンロード URL へアクセスし「ダウンロード」をクリックします。

https://jp.minitool.com/data-recovery-software/free-for-windows.html | MiniTool ダウンロードセンター


2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

3. 以下の手順のとおりで MiniTool Power Data Recovery Free をインストールします。

インストール完了後にブラウザ上で割引の招待画面が表示されると思いますので購入も考えている方はお見逃しなく!!


4. インストールが完了したら、MiniTool Power Data Recovery を起動します。


MiniTool Power Data Recovery でファイルを復元する

ここではデスクトップにあったファイルを簡単に復元するステップを書きました。

1. デスクトップの下にある「スキャン」をクリックする。

ディスクのサイズやファイルの数によりスキャンにかかる時間は変わります。


2. スキャンが終わったら復元したいファイル指定して保存します。


3. ファイルの保存場所を決めます。


4. 保存したファイルが指定した場所に復元されています。

※以前のスキャン結果の読み込みは無料版はサポートておりません。ここ パーティションマネージャー から購入いただけると嬉しいです。


まとめ

以上になります。いかがでしょうか。

この機会に Minitool Power Data Recovery をぜひインストールしてみてはいかがでしょうか。

とりあえずインストールしておけば、ゴミ箱から削除してしまった場合や、ファイルを無くしてしまった場合の対応などの必要性に迫られた時に、すぐに対応ができます。

必要に迫られた時に、焦ってどのソフトウェアが良いかネットで調べるよりは、事前にツールを決めておいたほうが絶対に良いと思います。

この際に購入、または無料版をインストールしておくと良いでしょう。

備えあれば憂いなしです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りな性格です。

人気記事

1

こんにちは!そーまんです。 今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。 本題に入る前に、一応参考までにGPOの適用タイミングについての記事をここに貼りましたので、必要に ...

2

こんにちは!そーまんです。 今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは前置きからです。 まずはじめに 組織では PC のラ ...

3

こんにちは!そーまんです。 今回は、グループポリシー (GPO) を使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに ローカル管理者権限 (以下は特権と記載) を付与する方法について書きました ...

4

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 Windows 10 の検証環境をいじってたらサイン ...

5

こんにちは!そーまんです。 今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。 企業の場合よくあることですが、1 台の PC を共有 PC として複数人で使ったり、また余り無いかもしれ ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows Server 2019 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。 NTP サーバーの必要性や時刻同期の重要性を理解することは社内のシス ...

-Windows 10
-,