SEブログ

MiniTool Partition Wizardでパーティションを最適化(4Kアライメント)する

 

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

今回は、MiniTool Partition Wizard で パーティションやディスクを最適化する方法について書きました。

 

 

この最適化する操作は 4K アライメントを言われております。アライメントは英語で Alignment で「整列」という意味になります。

 

 

 

スポンサーリンク

4Kアライメントをする理由

 

 

4Kアライメントをしない場合、一部の PC ではパフォーマンスに問題が出る場合があります。

 

 

特に Windows 7 など、古いバージョンの Windows からアップグレードまたは移行した場合はパーティションが4Kアライメントされていない可能性があります。

 

 

せっかくなので、この4Kアライメントについて簡単に理解したいところですが、その前にセクタというワードについて理解すると良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

セクタとは

 

 

「セクタ」という、データが保管される場所があります。またセクタはディスクへ書き込む最小の記録単位です。

 

 

もともとセクタは 512 セクタ (512 バイト)でしたが、現行 OS である Windows 10 ではハードディスク技術の素晴らしい進化により、4K セクタ (4,096 バイト) まで増加しました。

 

 

つまり、ディスクへ書き込む最小の記録単位が 8 倍増えて、セクタ毎に多くのデータを保管できるようになったわけです。

 

 

したがって 4K アライメントとは、ディスクのセクタが全て 4K セクタに全てする(整列する)という意味になります。

 

 

 

MiniTool Partition Wizard で 4K アライメントする

 

 

MiniTool Partition Wizard を使ってアライメントすることができます。とりあえずアライメントが必要かどうか、1度試してみるとよいでしょう。

 

 

1. アライメントしたいディスクまたはパーティションをクリックし、左メニュー内にある「パーティションアライメント」をクリックします。

 

 

 

2. ここでアライメントが必要な場合、アライメントするか聞いてきて簡単にできます。ただし、私の PC では必要ありませんでした。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

いかがでしょうか。せっかく CPU、メモリやディスクの性能がよくても、4 K アライメントがされていない事が原因でパフォーマンスが充分でていないともったいないですよね。

 

 

一度は皆さんの PC で実施してみると良いと思います。

 

 

 

この際に購入、または無料版をインストールしておくと良いでしょう。



 

 

最後までお読みいただき有難うございました!