SEブログ

【Windows10】サーバー管理ツールをインストールする(1809以降)

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、Windows 10 バージョン 1809 がインストールされている PC に、リモート用のサーバー管理ツールをインストールしてみました。

 

このリモートサーバー管理ツールは 従来は RSAT と呼ばれていて Microsoft 謹製のツールになりますが、バージョン 1809 以降は RSAT のダウンロードやインストールは不要になり、Windows  の機能から追加するだけの簡単な方法になりました。

 

 

 

スポンサーリンク

RSAT とは何か

 

 

一応 RSAT の説明をしておきます。RSAT とは、Windows サーバーをリモート管理する為の Windows サーバーのコンポーネントになります。Windows Server 2008 R2 の時代に登場しました。

 

 

管理者が RSAT のスナップインを起動し、選択した機能からサーバーに接続して機能を管理する事になります。クラスタにも対応しており、AD のツールである Active Directory ユーザーとコンピューターや、グループポリシーの管理、またHyper-V マネージャーなど多くの管理ツールが含まれています。

 

 

 

スポンサーリンク

RSAT のダウンロード方法

 

 

Windows 10 バージョン 1809 以降では、Windows の機能から追加する事ができますのでダウンロードは不要になります。

 

従来のバージョンでは Microsoft のサイトからダウンロードしてインストールが必要になります。

 

Windows 10 用のリモート サーバー管理ツール | Microsoft

 

 

従来の RSAT は上のリンク先からこのようにダウンロードできます。

 

 

 

 

 

インストール方法

 

 

Windows 10 バージョン 1809 以降では、以下のように設定アプリからツールをインストールする事ができます。

 

 

1. 設定の [アプリ] をクリックします。

 

 

 

2. アプリと機能のウィンドウ内で、[オプション機能の管理] をクリックします。その後に [機能の追加] をクリックします。

 

 

 

3. RSAT の場合は丸ごとインストールになりましたが、個々のツール毎にインストールができるようになりました。

 

 

今回は Active Directory の管理ツールをインストールしたいので、その機能をインストールしました。インストール後に Windows スタートメニューの Windows 管理ツールの中に追加したかツールが表示されます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

アンインストール方法

 

 

以下の画像のように、インストールと同様な方法でアンインストールができます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

以上になります。いかがでしょうか。

 

 

RSAT ではダウンロードしてからインストールしなければなりませんでしたし、全てのツールがインストールされますが、Windows 10 バージョン 1809 からは Windows の機能から使いたいツールを選択して追加するだけですので、簡単で余計なツールをインストールする事が無くなりましたのでこっちのほうが良いです。

 

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!