SEブログ

【Windows 10】Windows Admin Center とは何か

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、Windows Admin Center の説明と、Windows Admin Center のインストールについて書いてみました。

 

 

Windows Admin Center は、今後 Windows Server を管理してゆく為にとても便利な管理ツールになると思います。

 

 

MMC の代わりにもなり、RDP もでき PowerShell も実行できるという優れものらしいです。しかも Windows OS のライセンス以外に追加費用がなく使えます、つまり無料といっても良いでしょう。

 

 

とはいえ、実際インストールして使ってみないと分からないので早速始めたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

Windows Admin Center とは何か

 

 

平たく言ってしまえば、クラウドやオンプレミスを問わず Windows Server をリモートデスクトップ (RDP) しなくても集中管理できるツールといって良いかと思います。

 

 

当初、Microsoft はこれを「Project Honolulu 」と名付けました、が現在は「Windows Admin Center」と名前を変えました。

 

 

管理対象のサーバーにエージェントをインストールする必要がなく(エージェントレス)、且つ管理画面はブラウザーベースになりますので他の PC やサーバーからもブラウザーにアクセスして使う事ができます (ゲートウェイモードのみ) ので、とても使い勝手が良いです。

 

 

また、Azure や クラウドの依存性がなく、オンプレミスや Azure やクラウド上にある Windows サーバーをリモートで集中管理する事ができます。

 

 

今までは環境によって様々なツールを それぞれの環境にある PC やサーバーにインストールして使い分けていたかと思いますが、Windows Admin Center を使えばこれらを全て 1 つに集約する事ができるのです。

 

 

 

また、Microsoft の引用を載せますとこう書いてあります。System Center を補完する立ち位置にあるようです。

 

Windows Admin Center は、Azure またはクラウドに依存せずに、Windows サーバーの管理を実現する、ローカルに展開されたブラウザー ベースの新しい管理ツール セットです。 Windows Admin Center では、サーバー インフラストラクチャのあらゆる側面を完全に管理できます。特に、インターネットに接続されていないプライベート ネットワークでのサーバーの管理に便利です。

Windows Admin Center は、サーバー マネージャーや MMC などの “インボックス” 管理ツールの進化形です。 System Center を補完する – 置換ではありません。

Windows Admin Center とは | Microsoft

 

 

 

スポンサーリンク

何を管理する事ができるのか

 

 

という事で、Windows Admin Center は 環境を問わず Windows Server を管理できるという事ですが、具体的に何を管理する事ができるのでしょうか?

 

 

Microsoft のサイトに載っていましたので、以下リストに挙げておきます。リモート先のサーバーで PowerShell を実行でき、RDP もでき、Hyper-V の管理や他にもディスクの管理、リソースの監視やセキュリティーの管理、サービスの管理、アプリの管理やレジストリの編集等々もできるんですね。

 

  • リソースとリソース使用率の表示
  • 証明書の管理
  • デバイスの管理
  • イベント ビューアー
  • エクスプローラー
  • ファイアウォール管理
  • インストールされているアプリを管理
  • ローカル ユーザーとグループの構成
  • ネットワーク設定
  • プロセスの表示/終了および Process Dump の作成
  • レジストリの編集
  • スケジュールされたタスクを管理
  • Windows サービスの管理
  • 役割と機能の有効化/無効化
  • Hyper-V VM と仮想スイッチの管理
  • 記憶域の管理
  • 記憶域レプリカを管理
  • Windows Update の管理
  • PowerShell コンソール
  • リモート デスクトップ接続

 

 

という事はつまり、例えば PowerShell を実行する為に実行先のサーバーに RDP する必要がなくなりますし、Windows Update する為に RDP する必要もないわけです。

 

 

今までは A サーバーで あるスクリプトを実行する為に Aサーバーに RDP して PowerShell を実行して、B サーバーの Windows パッチを適用する為に B サーバーに RDP して Windows Update して。。。という、作業毎にサーバーに RDP して実行する必要がないのですからこれはとても助かります。

 

 

管理者の立場から見ますとこれらができる事によって、作業時間の短縮につながるかと思いまし、作業するサーバーの数が多ければ多いほど楽になるかと思います。

 

 

 

Windows Admin Center がインストールできる OS

 

 

以下の Windows OS に Windows Admin Center をインストールする事ができます。

 

  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

 

 

Windows 10 にインストールする場合は、デスクトップ モードと呼ばれるものになります。これは PC にインストールした  Windows Admin Center に接続する用途になります。 ( https://localhost:6516)

 

 

Windows Server にインストールする場合はゲートウェイ モードと呼ばれるものになります。 別のコンピューターのブラウザーから Windows Admin Center に接続する用途になります。 (https://サーバー名.ドメイン名)

 

インストール OS モード 使い方 URL (例)
Windows 10 デスクトップモード Windows Admin Center をローカルで実行する。これはインストールした PC から Windows Admin Center に接続する用途。 https://localhost:6516
Windows Server ゲートウェイモード Windows Admin Center を共有する事が可能。別のコンピューターのブラウザーから Windows Admin Center に接続する用途。 https://サーバー名.ドメイン名

 

 

ゲートウェイモードでインストールする場合は、Windows Server  にインストールする必要があります。以下の記事を参考にしていただければと思います。

 

【Windows Server 2019】Windows Admin Center をインストールする

 

 

つまり、Windows 10 にインストールする場合は Windows Admin Center を共有できないので、共有したい場合は Windows Server にインストールしなければなりません。

 

 

注意:ドメインコントローラーに Windows Admin Center をインストールする事はできません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

Windows Admin Center が管理できる対象 OS

 

 

Windows Admin Center から以下の Windows OS を管理する事ができます。

 

  • Windows Server 2008 R2 (フェールオーバークラスターは管理対象外)
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows 10 (バージョン1709 以降)

 

 

 

スポンサーリンク

Windows Admin Center がサポートしているブラウザ

 

 

以下のブラウザをサポートしています。今後増えるかもしれません。

 

  • Microsoft Edge (Windows 10 バージョン 1709 以降)
  • Google Chrome

 

 

 

Windows Admin Center をダウンロードする

 

 

以下の URL にアクセスして Windows Admin Center をダウンロードします。Windows Admin Center または Windows Admin Center Preview のいずれかをダウンロードします。ここでは Windows Admin Center をダウンロードします。

 

Windows Admin Center の概要 | Microsoft

 

 

 

 

Windows Admin Center と Windows Admin Center Preview の違い

 

 

簡単に言えば、Windows Admin Center は同じバージョンを使い続けたい、頻繁にバージョンをアップデートしたくはない場合に向いています。一方で Windows Admin Center Preview は常に最新の機能を使いたいという場合に向いています。

 

 

Windows Admin Center にはバージョンというものがあり、モダンライフサイクルポリシーに沿っていますので、古いバージョンはサポート対象から外れます。

 

  • 最新のバージョン
  • 最新の 1 つ前のバージョン(最新バージョンのリリース日から 30 日以内に限る)

 

 

 

スポンサーリンク

Windows Admin Center をインストールする

 

 

ダウンロードしましたらインストールしましょう。今回は Windows 10 にインストールしました。

 

 

1. インストーラーを実行します。

 

 

 

2. チェックボックスにチェックを入れ、[次へ] をクリックします。

 

 

 

3. 更新プログラムを確認する際に Microsoft Update を使うか使わないか選択し、[次へ] をクリックします。

 

 

 

4. [次へ] をクリックします。Windows 10 の場合、自動的にデスクトップモードとしてインストールされます。

 

 

 

5. Windows Admin Center が使用するポート番号を必要に応じて変更し、[インストール] をクリックします。

 

 

 

6. デスクトップモードの場合、Windows Admin Center はローカル上で実行されるのでパスワードでログインする方法を使っておらずクライアント証明書でのログインを使っています。チェックボックスにチェックを入れ、[完了] をクリックします。インストール自体はこれで完了になります。

 

 

 

7. Internet Explorer 11 だとサポートしていないので以下のように別のブラウザーで試すように言われます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

Windows Admin Center から管理対象を追加する

 

 

1. まずは Windows スタートメニューあるいはタスクバーに常駐しているアイコンから Windows Admin Center を起動します。証明書の選択を聞いてきますので Windows Admin Center Client を選択して [OK] をクリックします。

 

 

 

 

2. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

 

 

 

3. [追加] をクリックし、接続の種類をクリックし、今回はサーバーをクリックしましたのでサーバー名を入力します。その後にそのサーバーに接続できるログオンアカウントとパスワードを入力して [資格情報を含めて追加] をクリックします。

 

 

 

4. [追加] をクリックしますと、管理対象のサーバーが追加されます。では早速追加されたサーバーをクリックしてみます。

 

 

 

5. 管理対象のサーバーのサーバーマネージャーの画面が表示されます。ここから各種ツールを実行する事ができます。

 

 

 

6. 試しに PowerShell を実行してみました。コマンドレットもコピー & ペーストできますので楽ですね。

 

 

 

 

まとめ

 

 

以上になります。いかがでしょうか。このように Windows Admin Center は簡単にインストールできて、Web コンソール上で複数のサーバーに接続がでいてツールを実行できます。

 

 

今回は、Windows 10 にインストールしましたが、サーバーにインストールすれば、ゲートウェイモードとして使用できますので、複数の PC から Windows Admin Center をインストールしたサーバーの Web コンソールにアクセスする事ができます。

 

 

また、サーバーにインストールする事で高可用性に対応する事もできるようです。様々な Windows Admin Center の展開方法があるようですので、色々と試してみたいところです。

 

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!