SEブログ

【Windows10】May 2019 Update にアップデートすべきか

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

マイクロソフトは Windows 10 の半期チャネル向けモデルについて半年毎に大型アップデートをしており、今回も May 2019 Update をリリースしました。

 

【Windows10】May 2019 Update (1903) について

 

 

個人で使用している PC としては以前のバージョンとは異なり、自動的にアップデートされなくなりました。May 2019 Update からはアップデート通知が表示され、ユーザーは手動でアップデートする方法に変更されました。

 

 

Microsoft は今まで自動的に大型アップデートを適用してきましたが、恐らく October 2018 Update の適用後に様々なバグがありアップデート方法を手動に変えたのではないかと思います。

 

【Windows10】October Update はちょっと待った!

 

【Windows10】October Update 後に右クリック後のサブメニュー表示が遅い

 

 

 

企業は WSUS や SCCM などのサーバーがあるかと思いますので、特に変わらず手動または自動でアップデートするような方法かと思います。まずは検証用の PC に対してアップデートを適用して問題が無いか調査した上で、問題が無ければ全社展開というようなイメージかと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

May 2019 Update を適用して大丈夫か

 

 

Microsoft としては OK だと思います。OK だから October 2018 Update のように配信を中断せず、継続しているかと思います。

 

 

個人的な意見としては、個人向け PC としてはアップデートしても良いのではないかと思います。複数台使用している場合は、メインではないほうの PC にまずはアップデートしてみましょう。アップデートに暫く使用した上で問題がなければメインの PC にアップデートすれば良いでしょう。

 

 

Microsoft は October 2018 Update の既知の問題については修正パッチを配信していますので、バグなどはこれからどんどん減ってゆくはずです。ですので都度アップデートすれば良いという考えになります。

 

 

企業の場合は NOT OK だと思います。October 2018 Update のようにクリティカルではないかもしれませんが、既知の問題が多くあります。

 

 

 

スポンサーリンク

既知の問題

 

 

という事でWindows 10 May 2019 Update の既知の問題を一覧化してみました。May 2019 Update をアップデートする為の判断材料としての情報として書きました。

 

【Windows10】May 2019 Update の既知の問題一覧

 

 

これ以外にも、Reddit のサイトでは英語ですがバグと思われる事象が掲示板に沢山書き込まれています。やはり海外サイトは情報が最新で量も多いですね。

 

Windows 10 | Reddit

 

 

 

まとめ

 

 

既知の問題はものにもよりますが必ずしも発生するものではないとは思います。但し企業の場合は様子をみてゆくしかないと思います。Windows 10 October 2018 Update が世界シェアで 3 割程度である事からもお分かり頂けるでしょう。

 

 

正確には 29.3 % ですが、一方で April 2018 Update (1803) が 63.2 % と大半を占めています。これはこのバージョンで安定稼働している事と、October 1809 Update の不具合が多かった事で世界中の企業や個人ユーザーはアップデートをまだ検討中といった状況ではないかと思います。

 

【News】October 1809 Update が未だに30%である理由

 

 

ただし、一方では Windows 7 のサポート終了が 2020年 1 月 14 日に控えていますので、恐らく Windows 7 から Windows 10 May 2019 Update への移行によってシェアは底上げされるとは思います。

 

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!