SEブログ

【Windows10】WinPEとは何か

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、WinPE の説明や作成方法について書きました。私は、WinPE を今まで体系的に情報を整理してきたことがないので、そもそも WinPE がどういった意味でどういう用途で使われているのかがいまいち分かりませんでしたので、この記事をきっかけに、WinPE とは何か、また WinPE の作り方なども含めてまとめてみました。

 

 

 

WinPE とは何か

 

 

WinPE とはWindows Preinstallation Environment という意味で、日本語で言うと Windows プリインストール環境になります。プリインストールとは、予めインストールされているものを指します。例えばわかりやすいところで言えば、iPhone には Safari が予めインストールされていますよね、これがプリインストールの意味になります。

 

 

WinPE に置き換えて言いますと、Windows のインストール時に WinPE が起動します。つまり、WinPE は、Windows をインストールするメディアやシステムにプリインストールされているのです。

 

 

WinPE は、限られた機能のみ搭載された OS で、主にデータのリカバリやデータをコピーしたり、PC のマスターイメージの取得や戻し等、限定した操作をする為の用途として使われます。

 

 

また、WinPE は Windows 10 のように通常利用されるようなものとは全く異なり、配布されてはおりません。WinPE は Windows ADK  、日本語で言うと Windows アセスメント&デプロイメントキットから無償で作ることができます。

 

 

 

WinPE の歴史

 

 

WinPE は 最初 WindowsXP の頃に作られました。(Windows PE 1.0)

 

 

現在は Windows PE for Windows 10 として、Windows 10 と同じコードを基盤として構築されていて、Windows as a Service (サービスとしての Windows) をベースに、Windows 10 のバージョンに合わせて更新されています。つまり Windows 10 の場合、バージョン毎に WinPE を作る必要がある事になります。個人的にはちょっと面倒かなと思ってます。

 

 

 

WinPE の動作要件や機能について

 

 

WinPE を動作させる PC の動作要件ははっきり決まっていないようですが、ざっくりですが以下の内容を満たしていると良いでしょう。

 

 

マスターイメージを取得したり戻したりする用途などでは、大容量のデータがサーバーやストレージ機器と送受信されますので、それなりに最低限のスペックが必要になると理解すると良いでしょう。

 

 

  • メモリが 4 GB 以上 (特に決まっている訳ではない)
  • 最低でも 100 MB のネットワークカード、推奨は 1 GB (データを中継する機器も同様)
  • PC のデバイス起動順序がネットワークアダプタが最初になっている事
  • PC 展開サーバー側の機器が最新か、1 つ古い Windows Server である事。サーバーが PXE に対応している事 (Windows サーバーの場合、DHCP サーバーになります)

 

 

また、WinPE は様々な機能をサポートしています。

 

 

  • NTFS や ダイナミックディスクをサポート
  • 様々なデバイスドライバをサポート
  • TCP/IP でファイル共有をサポート
  • WMI のオプションや Windows API のサブセットを提供

 

 

 

WinPE の作り方

 

 

WinPE の作り方は、以下のリンクを見ていただければ作成できます。

 

 

Windows 10 バージョン 1809 から、Windows ADK のインストール時に WinPE が含まれなくなりましたので、従来のバージョンとはインストール方法が少し異なります。

 

 

この記事のとおりに進めていただければ、簡単に WinPE が作れますので是非とも試していただければと思います。

 

【Windows10】WinPEの作り方(バージョン1809版)

 

 

まとめ

 

 

いかがでしょうか。この記事を通じて WinPE とは何かを把握していただければ幸いです。

 

 

PC キッティングの際、マスターイメージの作業で WinPE を使う現場が多いかと思いますので、この記事を理解してもらえればお役に立つのではないかと思います。

 

 

また、Windows 10 からは、バージョン毎に WinPE を作らなければならないので、LTSB で企業内で使用しているバージョンが単一であれば楽なのですが、そうではない環境ですと管理がなかなか面倒になってくるかと思いました。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!