VMware vSphere

【VMware】vSphere 7 をインストールする方法

2021年3月14日

こんにちは!そーまんです。

今回は、VMware vSphere 7 をインストールする方法についてご紹介いたします。


vSphere 7 をインストールする為のシステム要件

これは最低限のハードウェア要件だと思ってください。

検証用として使うのであれば最低このスペックでないと動かないという参考程度ですね。


vSphere 7 をインストールしたマシン

PCをカスタマイズすれば vSphere をインストールすることができます。

私は DELL Precision 3420 SFF を中古でケースとマザボだけ買って、CPU・メモリ・ストレージ・NIC をそれぞれ個別に購入して組みました。

CPU は Intel Xeon でないと vSphere がインストールできないと思うので注意してください。

パーツ性能
CPUIntel Xeon E3 1270 v5 @ 3.4 GHz
メモリ

Timetec Hynix IC  DDR4 288 Pin UDIMM 32GB

ストレージM.2 NVMe Samsung Evo plus SSD 512 GB
ネットワークIntel X550-T2 10GbE

検証用で新品の PC にお金を注ぐのは勿体ないけど、遅いのは嫌だという方、このスペックだとサクサクヌルヌルに動いてくれますのでお勧めですよ。代行で私が組んだものをご購入されたいという事であればご相談くださ~い。ついでに ESXi インストールもやってほしいというのも歓迎です。(※費用は要相談)


vSphere 7 をインストールに必要なもの

vSphere 7 をインストールする前に準備しておくものがあります。

事前準備で必要なもの

  • PC またはサーバにインストールする際に使う USB メモリ、または DVD-R になります。これは vSphere 7 のインストーラをそれにコピーして使います。
  • VMware のアカウントも必要です。これは上の USB メモリや DVD-R にインストーラをコピーする際に使う ISO ファイルを VMware からダウンロードする為に必要です。


USB メモリは何でも良いのですが、とりあえず 32 GB くらいあれば他の用途でも使えると思うので以下の 1,000 以下のやつで良いと思います。ちなみにこちらは私が使っているものです。


ISO インストーラーのファイルをダウンロードする

VMware 社から製品を購入している場合

1. Download VMware vSphere のサイトに移動します。


2. VMware アカウントでログインし、[Download Now] で ISO ファイルをダウンロードします。こちらは VMware 社から製品を購入していればダウンロードできます。


製品を購入していない場合 (試用版をダウンロード)

1. vmware customer connect にログインしていない場合、上の手順の続きで [Download Now] をクリックするとこの画面がでますのでログインします。アカウントがなければ作成します。


2. [Download Free Trial] をクリックします。


3. [License & Download] をクリックします。


4. VMware vSphere Hypervisor (ESXi ISO) image の [Manually Download] をクリックします。


5. ダウンロード後に ISO ファイルをダブルクリックし、マウントした中にある全てのファイル・フォルダを USB メモリにコピーします。

これでインストールの準備ができました。


vSphere 7 をインストールする

それでは PC に USB メモリを挿すか DVD-R をドライブ入れて PC の電源を入れます。先に言っておくと BIOS レベルで RAID 構成になっていると m.2 などのストレージが認識しないので事前に確認して必要であれば変更しておきましょう。私の Precision 3420 だと RAID になっていたので変更しました。

あと、USBメモリ或いは DVD ドライブが優先で起動できるよう確認し必要であれば変更しておきましょう。

1. PC の電源を入れると以下の vSphere インストーラの画面が表示されます。少し待ちます。


2. キーボードの [F11] を押します。


3. vSphere をインストールするストレージを選択します。先ほど BIOS の設定で m.2 が認識しないと言っていたのはここになります。


4. キーボードの [Enter] を押します。※インストール先のストレージが vSphere 7 のインストールで上書きされますよという確認です。


5. Japanese を選択してキーボードの [Enter] を押します。


6. vSphere にログインする時の root のパスワードを決めて入力します。キーボードの [Enter] を押します。


7. キーボードの [F11] を押します。この後インストールが始まります。


8. インストールが問題なく完了すると以下の画面が表示されます。「ESXi 7.x.x has been installed successfully.」USB メモリ或いは DVD-R を取り出してキーボードの [Enter] を押します。PC が再起動します。


9. 再起動後、vSphere 7 の起動中画面です。


10. vSphere 7 の起動に完了すると以下の画面が表示されます。

以上でインストールは完了です。お疲れ様でした。


まとめ

いかがでしょうか。VMware vSphere 7 のインストールは Windows 10 のようにとても簡単です。

インストールが終わったら今度はネットワークの設定を行い、別の PC からブラウザを起動して vSphere の管理画面を開きログインします。その後は仮想マシンを作って Windows サーバや Linux サーバをインストールしたりする感じです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りな性格です。

人気記事

1

こんにちは!そーまんです。 今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。 本題に入る前に、一応参考までにGPOの適用タイミングについての記事をここに貼りましたので、必要に ...

2

こんにちは!そーまんです。 今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは前置きからです。 まずはじめに 組織では PC のラ ...

3

こんにちは!そーまんです。 今回は、グループポリシー (GPO) を使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに ローカル管理者権限 (以下は特権と記載) を付与する方法について書きました ...

4

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 Windows 10 の検証環境をいじってたらサイン ...

5

こんにちは!そーまんです。 今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。 企業の場合よくあることですが、1 台の PC を共有 PC として複数人で使ったり、また余り無いかもしれ ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows Server 2019 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。 NTP サーバーの必要性や時刻同期の重要性を理解することは社内のシス ...

-VMware vSphere
-