SEブログ

【VMware Workstation】VMのハードウェアをバージョンアップする方法

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、VM(仮想マシン)のハードウェア互換性をアップグレードする方法について書きました。ちなみにこの方法は VMware vSphere でも同じ方法になります。

 

 

VMware Workstation をアップグレードした場合や、仮想マシンを上位バージョンの VMware Workstation や vSphere に移行した場合に行う作業になります。

 

 

VMware Workstation や vSphere はバージョン毎に仮想マシンのハードウェア異なる為にこのようにアップグレードするわけですが、そもそもこのハードウェアとは具体的に皆さんご存じでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

仮想マシンのハードウェアバージョンとは何か

 

 

先に仮想マシンのハードウェアから説明します。PC やサーバーには CPU やメモリーや HDD が内蔵されていますよね。そもそも無いと動作しませんし。仮想マシンも同様でこれらのハードウェアが無いと動作しませんので当然内蔵されています。但し仮想のハードウェアなので目に見えるモノではないわけです。

 

 

仮想マシンで使われるハードウェアはホストの性能が許す限り簡単に変更する事ができます。

 

 

例えば CPU を 2 コア追加したり、メモリを 16 GB に変更したり、HDD のサイズを増やしたり HDD を追加したり、ネットワークアダプタを追加したり等する事ができます。

 

 

その上で仮想マシンのハードウェアバージョンの説明をしますと、仮想のハードウェアの機能、最大 CPU やメモリなどを指定します。仮想マシンを作ると、デフォルトで仮想マシンを作ったホストがもつ最新のバージョンになります。

 

 

ちなみに VMware Workstation のバージョン毎のハードウェア互換性の一覧は以下の画像で確認できます。

 

 

 

Virtual machine hardware versions | VMware Knowledge Base

 

 

 

スポンサーリンク

アップグレードする方法

 

 

では早速ハードウェアをアップグレードしてみましょう。

 

 

1. 仮想マシンをクリックすると、右ペインに [この仮想マシンのアップグレード] が表示されますのでクリックします。次へと進むとその仮想マシンが持つハードウェアバージョンが表示されますのでプルダウンから変更します。制約のところを見るとそのハードウェアバージョンの最大で指定できる性能が表示されています。

 

 

 

2. [このマシンの変更] を選択し次へと進みます。すると仮想マシンのハードウェアバージョンが変更されます。

 

 

 

 

まとめ

 

 

以上になります。いかがでしょうか。

 

 

仮想マシンの移行や、ホストのバージョンがアップグレードされた場合、仮想マシンのハードウェアバージョンが古くなっていますのでアップグレードする必要があります。

 

 

また、ここでは触れていませんが、VMware Tools のバージョンも古くなっていますのでバージョンを上げる必要があります。

 

 

以下の記事で VMware Tools のアップデート方法がありますので参考にしていただければと思います。

 

【VMware Workstation】VMware Toolsをインストールする

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!