SEブログ

【VMware Workstation】仮想マシン起動時にエラーが表示される

こんにちは!

 

今日、自分のノート PC の Windows 10を 1803 にアップデートしました。

それ自体は問題なく完了できたので良かったのですが、VMware Workstation から 仮想マシンが起動できなくなってしまい、トラブルシューティングして解決できましたので、備忘録的に残しておきたいと思います。

 

 

PC の環境

  • OS: Windows 10 Pro 64bit
  • VMware Workstation 11.1 を使用している
  • Hyper-V を使用している(機能が有効になっている)

 

エラー内容

VMware Workstation から 仮想マシンを起動する事ができません。以下のエラーが表示されました。

VMware PlayerとHyper-Vは互換性がありません。 VMware Playerを実行する前に、システムからHyper-Vの役割を削除してください。

 

 

解決方法

 

 

1. プログラムの機能と追加から、Hyper-V を削除し、Windows を再起動します。(Hyper-V は削除しなくても、以下の 2 番のコマンドのみで解決できるかもしれません。)

 

2. コマンドプロンプトを管理者で起動し、以下のコマンドを実行します。もう一度 Windows 再起動をします。

C:\WINDOWS\System32> bcdedit /set hypervisorlaunchtype off

 

ちなみにこのコマンドで実行された設定を元に戻す場合は以下のコマンドになります。

C:\WINDOWS\System32> bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto

 

3. VMware Workstation から仮想マシンの起動時に以下のようなダイアログが表示されます。

基本的に [移動しました] で問題ないかと思います。

 

4. [OK] をクリックします。以上で、仮想マシンを起動する事ができました。

 

 

いかがでしょうか。

 

Windows アップデート後に問題が発生する事はたまにあるかと思います。

私の場合は、今まで Hyper-V と VMware Workstation が両方動作できていた状態でしたが、このアップデートの後に問題が発生しました。

 

とはいえ、そもそも仮想化の機能を共存して使っていたという点に問題があったのかもと思いました。

現在は VMware Workstation のみ使っています。

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!