【Windows 10】レジストリをバックアップ・復元する

Windows 10

【Windows 10】レジストリをバックアップ・復元する

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、レジストリのバックアップと復元について書きました。レジストリを変更する事はリスクを伴う作業なのでバックアップは必要です。

 

 

レジストリについて詳細を知りたい方は、まずは以下の記事を読まれることをおすすめします。

 

 

 

 

レジストリの変更について

 

 

レジストリの変更はリスクを伴う作業になります。間違って OS とって重要なレジストリを変更してしまうと、PC 再起動後に Windows が起動しなくなってしまう可能性がありますので注意してください。

 

 

ですので、レジストリを変更する際には必ず間違いのないようにしましょう。またレジストリを元に戻せるように、必ずバックアップをしておきましょう。

 

 

 

レジストリのバックアップ

 

 

バックアップはキー単位でできます。HKLMなど、ルートキー単位でエクスポートや、サブキー単位でもエクスポートができます。

 

1. 以下の画像のようにレジストリエディタを起動します。今回は HKCU の中にある、ユーザー権限で変更する箇所になりますので、管理者として実行はしません。

 

 

 

HKLM など、管理者の権限が必要な場合は、以下の画像のように管理者としてレジストリエディタを起動します。

 

 

 

2. バックアップをします。ここでは、変更するデータが格納されているサブキーのエクスポートをします。

 

 

対象のサブキーを右クリックして、[エクスポート] をクリックします。

 

 

 

3. ファイル名を入力して [保存] をクリックします。

 

 

 

4. レジストリのデータを変更します。以下の画像はまだ変更前になりますが、ここを変更します。

 

 

 

5. レジストリのデータを変更します。

 

 

 

 

レジストリの復元

 

 

レジストリのデータの変更前に戻したい場合は、レジストリを復元する必要があります。

 

 

方法としてはレジストリエディタから保存したファイルをインポートする事で復元ができます。

 

 

1. レジストリエディタを起動します。

 

 

 

2. 以下の画像のように、レジストリエディタウィンドウ内のメニューにある、[ファイル] から [インポート] をクリックします。

 

 

 

3. エクスポートしたファイルを指定して、[開く] をクリックします。

 

 

 

4. 正常にインポートができますと、以下の画像のメッセージが表示されます。

 

 

 

5. レジストリの変更前のデータに戻った事が確認できました。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。レジストリを変更する事は簡単ですが、必ずバックアップは取っておきましょう。

 

 

複数のレジストリを変更する場合は、変更するサブキー毎にバックアップを取っておくか、全て元の状態に復元されても構わないのであれば、ルートキー毎とっておけば戻すのは一回で済みますので、そういう方法もあるかと思います。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りでマイペースな人です。

人気記事

1

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。     グループポリシー ...

2

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは ...

3

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、グループポリシーを使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに Administrators 権限を ...

4

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 ...

5

こんにちは!SEブログの相馬です。       今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。     1 台の PC を複数人で ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、Windows Server 2016 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。   & ...

-Windows 10
-