SEブログ

【Active Directory】GPOを使いPCの特定場所にファイルをコピーする

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、PC の特定場所 (Dドライブの特定フォルダなど) に指定した名前のフォルダをコピー、または削除する事をグループポリシーを使って検証してみました。

 

 

PC を管理していると、特定の場所にファイルをコピーしなければならない場合があるかと思います。

 

 

例えば、作ったスクリプトを特定の場所にコピーしたい場合などです。PC の台数が非常に多い場合は 1 台ずつ手動でコピーするのは困難ですし、またバッチでコピーするのも容易ですが、ファイルの置き換えや削除の管理面を考えると、GPO で実現できればより簡単です

 

 

 

検証環境

 

 

  • Windows Server 2016
  • Windows 10

 

 

 

前提作業

 

 

GPO 自身の作成は事前に必要になる事と、作成した GPO を OU にリンクする手順も割愛しておきますので、GPO の設定後にOU へのリンクが必要になります。

 

 

 

ファイルのコピー

 

 

設定内容そのものは、コンピューターの構成でもユーザーの構成でも同じです。ただし、環境変数を使う場合は注意が必要になります。

 

 

 

特定の場所にファイルをコピーする方法

 

 

1. 作成した GPO を右クリックして、編集します。

 

 

 

2. ユーザーの構成からファイルへ進みます。

 

 

 

3. アクションは [更新] で構いません。簡単に言いますとソースターゲットはコピー元であるサーバー側、ターゲットパスにはコピー先である PC 側になります。それぞれコピー元とコピー先のフォルダの場所とファイルの名前を入力します。

 

 

 

4. ちなみに上の画面の中の [ターゲットファイル] の入力フィールドで F3 を押すと、使える変数を確認する事ができます。

 

 

 

5. 一度だけ適用したい場合は下のように [ 1 度だけ適用し、再適用しない] にチェックを入れます。

 

 

 

6. 設定を完了して、GPO に設定が入っている事を確認します。

 

 

 

6. GPO を OU にリンクした後にPC を再起動します。再起動後にファイルが作成されている事を確認します。

 

 

 

 

 

ファイルの削除

 

 

ファイルが不要になり、削除したい場合は以下の方法でファイルを削除する事ができます。

 

 

1. アクションで [更新] から [削除] に変更します。

 

 

 

2.  PC の再起動後にファイルが削除されました。

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしょうか。GPO を使えば、ファイルを自動で PC の特定の場所にコピーする事ができますし、不要になったら簡単に削除する事もできます。

 

 

また、以下の記事を参考に、GPO を使い PC の特定の場所にフォルダを作成し、作成されたフォルダの中にコピーする事もできますので、この方法と合わせて GPO を連携させて使う事もできますので便利ですね。連携させなくても 1 つの GPO でも可能です。

 

【Active Directory】GPOを使いPCの特定場所にフォルダを作成する

 

 

こういった方法を使えば、PC の管理が非常に便利になりますし、ユーザーが編集できるディレクトリを除いて、PC のフォルダやファイルの構成が統一させる事ができます。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!