【Azure】クラスタークォーラム監視を作る

Azure

【Azure】クラスタークォーラム監視を作る

2018年4月29日

こんにちは!

 

自分の Azure 上に フェールオーバークラスタ (WSFC) の環境を構築したのですが、新しい種類のクラスター クォーラム監視が使えるそうです。

これにより、監視の共有をホストする個別の VM が不要になるという事で、実際どんなものなんだろうと思い、早速試してみました。

ちなみにこの監視は「クラウド監視」と呼ぶそうです。

 

イメージ的にはこんな絵になるかと思います。

 

 

 

試してみるにあたり、以下のサイトを参考にしました。

フェールオーバー クラスターのクラウド監視を展開します。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/failover-clustering/deploy-cloud-witness#to-configure-cloud-witness-as-a-quorum-witness)%E3%80%82

 

 

 

サーバー構成

  • Windows Server 2016 × 4 台(最小構成)サイトは分けておりませんので、上の画像とは構成が異なります。

 

作業前提事項

 

  • WSFC の環境があり、フェールオーバークラスターの設定がされている事

 

作業手順

 

ストレージアカウントの作成

 

1. Azure Marketplace から [Storage] をクリックし、[ストレージ アカウント・Blob...] をクリックします。

 

2. 以下のように入力・選択します。終わりましたら [作成] をクリックします。

  • アカウントの種類:汎用

  • レプリケーション:LRS

  • パフォーマンス:Standard(標準)
    Premium は使用できないそうです。

 

3. ストレージアカウントのデプロイが成功しました。[リソースに移動] をクリックします。次に WSFC 側の設定へ進みます。

 

WSFC 側の設定

 

1. [アクセスキー] をクリックします。

 

2. ストレージアカウント名とアクセスキー (Key1) を確認します。後の手順でそれぞれ入力または貼り付ける必要があります。

 

3. フェールオーバークラスターマネージャーを起動します。

 

4. クラスターを選択し、[操作] をクリックし、[他のアクション] → [クラスター クォーラム設定の構成] をクリックします。

 

5. [次へ] をクリックします。

 

6. [クォーラム監視を選択する] をクリックします。[次へ] をクリックします。

 

7. [クラウド監視を構成する] をクリックします。[次へ] をクリックします。

 

8. 以下のように入力します。(上の手順 2 で確認したものになります。)完了しましたら [次へ] をクリックします。

  • Azure 記憶域アカウント:ストレージアカウント名
  • Azure 記憶域アカウントキー:アクセスキー (Key1)
  • Azure サービスエンドポイント:そのまま

 

9. [次へ] をクリックします。クォーラム監視の設定が構成されます。

 

10. [完了] をクリックします。[レポートの表示] をクリックしますと以下のような内容が確認できます。

各ノードに、クォーラムの Vote(投票)が設定されている事が分かりました。

 

11. クラスター コアリソースに「クラウド監視」が表示されました。以上になります。

 

 

いかがでしょうか。

 

設定自体は簡単ですし、複数のサイト(データセンター)の監視ができるので使い勝手は良さそうです。

大事な監視の設定・アクション(トリガやアラート)などもどんなものか試してみたいと思います。

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りでマイペースな人です。

人気記事

1

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。     グループポリシー ...

2

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは ...

3

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、グループポリシーを使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに Administrators 権限を ...

4

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 ...

5

こんにちは!SEブログの相馬です。       今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。     1 台の PC を複数人で ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、Windows Server 2016 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。   & ...

-Azure
-,