SEブログ

【Azure AD】PowerShellでAzure ADのユーザー追加をする

こんにちは!

 

 

 

今回は PowerShell から Azure AD に接続して、ユーザー追加をしてみました。

Azure AD モジュールをインストールされていない方は、まずは私の記事を参考にしてモジュールをインストールしてください。

 

【Azure AD 】PowerShellでAzure ADに接続する

 

 

モジュールのインストールがお済みであれば、以下に進みます。

 

 

ユーザーの追加

 

 

1. PowerShell を管理者として起動します。

 

 

2. Azure AD に接続する為に、以下のコマンドを入力して Enter を押します。

C:\WINDOWS\system32> Connect-MsolService

 

 

3. Azure に接続しますので、認証が要求されます。Azure に接続するメールアドレスを入力して [次へ] をクリックします。

 

 

4. パスワードを入力して [サインイン] をクリックします。

 

 

5. AzureAD に接続しましたら、現在登録されているユーザーを表示してみましょう。

C:\WINDOWS\system32> Get-MsolUser

 

 

以下のように、現在登録されているユーザーが表示されました。

 

 

 

6. ユーザーを新規で追加してみます。

 

C:\WINDOWS\system32> New-MsolUser -UserPrincipalName otohime@soma-engineering.com -DisplayName "乙姫" -FirstName Hime -LastName Oto -Password "P@$$w0rd123" -ForceChangePassword $false -UsageLocation "JP"

 

 

 

コマンドの詳細は以下になります。

コマンドスイッチ名 説明
 -UserPrincipalName  ユーザーのインターネット形式のログイン名
 -DisplayName  Azure AD に表示されるユーザーの表示名
 -FirstName  ユーザーのファーストネーム
 -LastName  ユーザーのラストネーム
 -Password  Azure AD に認証する際のパスワード
 -ForceChangePassword  Azure AD に初めて認証する際にパスワードの変更を強制するか
 -UsageLocation  プロファイルの情報においての利用場所

 

 

 

7. Azure AD から見ると、以下のように作成したユーザーが表示されております。

 

 

 

 

今度は、PowerShell から CSV をインポートして追加してみましょう。

 

 

ユーザーの追加(CSV をインポートする場合)

 

 

1. まず、インポート元となる CSV を作成しておきます。勝手にアメコミのヒーロー追加してますけど。。。(笑)

 

 

 

2. PowerShell ISE を管理者で起動します。

 

 

3. Azure AD に接続していなければ、Connect-MsolService で認証します。

その後に、以下のように CSV をインポートします。

 


C:\WINDOWS\system32> $user = Import-Csv C:\temp\user.csv

 

 

 

 

 

4. 完了しましたら、以下のコマンドを実行します。

 


C:\WINDOWS\system32> $user | ForEach-Object {New-MsolUser -UserPrincipalName $_.UserName -FirstName $_.FirstName -LastName $_.LastName -DisplayName $_.DisplayName -Title $_.Title -Department $_.Department -Country $_.Country}

 

 

 

5. Azure AD からもユーザーが追加されている事を確認してみます。

 

 

 

6. うまくいったので、今度は複数ユーザーを一度に追加したいと思います。CSV を作ります。

 

 

 

7. 1 行目のコマンドを選択して、選択項目を実行します。(Azure AD に認証していない場合は事前に Connect-MsolService で認証します。)

 

$user = Import-Csv C:\temp\user.csv

 

 

 

8. 以下の 3 行目から 13 行目をハイライトして、選択項目を実行します。

 

今回は、1 行で書かず、以下のように ` を使い、改行して書きました。こちらのほうが見やすいしデバッグを考えると良いですよね。

 

$user | ForEach-Object `
{ `
New-MsolUser -UserPrincipalName `
$_.UserName -FirstName `
$_.FirstName -LastName `
$_.LastName -DisplayName `
$_.DisplayName -Title `
$_.Title -Department `
$_.Department -Country `
$_.Country `
}

 

 

 

9. ユーザーが追加されました。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

PowerShell でユーザー追加できるので、Azure AD の画面からやるよりはコマンドを使うほうが効率が良いですよね。

 

他にもコマンドは沢山ありますので、色々と試してみると良いでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

おすすめの本はこちら ↓↓↓