AOMEI Backupperで簡単に自動バックアップする

Windows 10

AOMEI Backupperで簡単に自動バックアップする

こんにちは!そーまんです。

今回は、AOMEI Backupper で PC 丸ごと自動バックアップする方法についてご紹介いたします。

無料版もありますので、以下ご参考くださいませ。


AOMEI Backupperとは

バックアップソフトになります。ただこのソフトウェアは手動でバックアップするだけではなく、指定した時間に定期的に自動でバックアップする機能を持っております。

また毎回指定したデータを全てバックアップするのではなく、前回のバックアップの時点から変更があったデータだけバックアップする機能も持っており、バックアップするデータの領域を節約することもできます。


AOMEI Backupperの無料版と有料版の違いについて

単純にバックアップするだけだったら、無料版のStandardでも特に問題はないかと思います。ただ、無料版と有料版の違いは大きく以下の4つが異なります。個人的には、自動バックアップであれば差分バックアップが使えるかが大きな点だと考えております。復元 (リストア) を考えた時に便利な機能だからです。また、企業で使う場合は商用利用ということになるかと思いますので、Workstation を購入する形となると思います。

  • サポートを受けることができる時間帯
  • ダイナミックディスクのバックアップ
  • 差分バックアップ
  • ファイルフィルタの設定

以下、バックアップの機能の無料版と有料版の違いになります。より詳細な違いは以下のリンクをご覧ください。

AOMEI Backupper 無料版と有料版の違い | AOMEI

StandardProWorkstation
技術サポート営業時間範囲内年中無休年中無休
タスク実行速度普通より高速より高速
インストールできるパソコンの最大数フリーソフト1台/1ライセンス1台/1ライセンス
商用利用可不可不可
Windows 11に対応
ファイルバックアップ
システムバックアップ
ディスクバックアップ
パーティションバックアップ
自動バックアップ
フルバックアップ
増分バックアップ
セクタ単位のバックアップ
外付けHDDにバックアップ
USBメモリにバックアップ
ローカルドライブにバックアップ
共有フォルダ/NASにバックアップ
クラウドストレージにバックアップ
ダイナミックディスクのバックアップ
バックアップイメージの暗号化
バックアップイメージの分割
USB挿入バックアップ
イベントトリガーバックアップ
差分バックアップ
CD/DVDにバックアップ
バックアップスキーム
ファイルフィルタの設定
AOMEI Backupperの無料版と有料版の違い


AOMEI Backupperのインストール方法

1. AOMEI のサイトへ移動し、「無料ダウンロード」をクリックします。


2. ダウンロードしたファイルを実行し、以下のようにセットアップを進めます。

ここでは AOMEI Backupper Standard をインストールしていますが、Pro も体験版としてインストールできます。


3. Windows10 の場合は以下の画面が表示されますが、特に「チェック開始」をクリックせずに右上にある✕で画面を閉じて大丈夫です。

AOMEI BackupperでPC丸ごと自動バックアップする方法

ここではPC丸ごとバックアップするのでシステムバックアップの機能を使います。

1. AOMEI Backupper を起動し左メニューにある「バックアップ」をクリック、「システムバックアップ」をクリックする。


2. バックアップ先を指定します。PC丸ごとなので、PCが使えなくなった場合を想定して外付けのUSBハードディスク等を指定します。次に「オプションをクリックします。その後に「スケジュール」をクリックして設定するという流れです。


3. バックアップオプションでは以下のようなオプションがありますが、基本的にデフォルトのままで良いと思います。

圧縮レベルを上げるとバックアップデータのサイズは小さくなる反面、バックアップ時間がより長くなりますので注意が必要です。


4. バックアップオプションでは、自動バックアップを有効にできます。またバックアップ方法も変更ができます。


5. 自動バックアップを有効にすると以下のように詳細なスケジュールが設定することができます。


6. バックアップを実行すると、以下の画面になり完了します。完了後に左メニューの「ホーム」からバックアップしたデータが見れます。


7. 実際のバックアップデータの実態ファイルです。21GBバックアップしましたが、たった2分で完了しました。


AOMEI Backupperで復元する方法

1. 左メニューの「復元」から「イメージファイルを選択」をクリックして、バックアップで取得した実ファイルを選択します。


2. 以下のようにバックアップした時点が復元したい時点と合っている確認して復元を開始します。


最後に

いかがでしょうか。

でもこのように無料版であるAOMEI Backupper Standardで自動バックアップができ便利だと思いました。一方で差分バックアップを取りたいという事になった場合は有料版である AOMEI Backupper Proを購入したほうがよいので、実際に使ってみて必要になったら有料版を購入すれば良いと思います。

それでは最後までお読みいただき有難うございました!

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りな性格です。

人気記事

1

こんにちは!そーまんです。 今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。 本題に入る前に、一応参考までにGPOの適用タイミングについての記事をここに貼りましたので、必要に ...

2

こんにちは!そーまんです。 今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは前置きからです。 まずはじめに 組織では PC のラ ...

3

こんにちは!そーまんです。 今回は、グループポリシー (GPO) を使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに ローカル管理者権限 (以下は特権と記載) を付与する方法について書きました ...

4

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 Windows 10 の検証環境をいじってたらサイン ...

5

こんにちは!そーまんです。 今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。 企業の場合よくあることですが、1 台の PC を共有 PC として複数人で使ったり、また余り無いかもしれ ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows Server 2019 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。 NTP サーバーの必要性や時刻同期の重要性を理解することは社内のシス ...

-Windows 10
-