SEブログ

【News】Windows7サポート終了(EOS)の通知を4月から開始

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

既にご存知の方も多いとは思いますが、Windows 7 のサポートは 2020 年 1 月14 日に終了します。

 

 

これによりサポート終了時に Microsoft は Windows 7 の 更新プログラムなど含めた全てのサポートを終了します。当然、終了後には製品のアップデートやセキュリティの修正などはありません。

 

 

実は、Windows 向けの PC では未だに 40 % のマーケットシェアを占めていると言われています。これは日本というより、世界レベルで考えた方が「サイバー攻撃」という観点でよいかと思います。なぜなら「サイバー攻撃」はシステムがインターネットに接続している限り、世界中の標的になり得る為です。

 

 

サポート終了後にはセキュリテイ修正パッチの配布は無いので、悪意ある第三者によって攻撃されるリスクは非常に高くなると思われます。

 

 

例えば、外部から不正侵入されデータの詐取、破壊や改竄される恐れもありますし、悪用される危険性もあります。また現在主流なのは「明確な目的を持って組織的に金銭を狙う攻撃」であるようです。どんな攻撃か、内容については以下の IPA のサイトにわかりやすく書かれています。

 

情報セキュリティ10大脅威 2019 | IPA

 

 

中小企業の方は狙われていないと勘違いされる方もいらっしゃるようですが、「大きな間違い」です。最近は中小企業が標的として狙われていますし、別の標的へ攻撃する為の「踏み台」としてもも使われているようです。

 

サイバー攻撃の被害を受ける中小企業、調査から明らかに! | Yahoo!! ニュース

 

 

マーケットシェアが大きい限り、世界中から「サイバー攻撃」標的にされる可能性が高いのです。しかも、Windows 10 より「サイバー攻撃」をしやすい訳ですから。

 

 

また、セキュリティソフトやシステムで守りきれるのではないかと思っている方がいたら、それらのセキュリティソフトやシステムは Windows 7 を継続してサポートするとは思えないので「間違い」という事になります。

 

 

Windows 7 の PC から 優先 LAN や 無線 LAN などのネットワークを使わない、外部記憶装置の使用を認めないのであれば、Windows 10 に乗り換えるターゲットが決まっていれば止むをえないかもしれませんが、通常業務では厳しいかと思います。

 

 

そこで来年の 1 月という事もあり、Microsoft は来月 4 がるから Windows 7 上で通知を出すように計画し始めました。

 

 

Windows 7 ユーザーは、PC を使用していると Windows 10 への乗り換え案内の通知が出るようです。

 

 

Windows 7 メインストリーム サポート終了のお知らせ | Microsoft

Windows 7 をお使いの皆さまへ、今すぐお伝えしたい大切なお話 | Microsoft

 

 

Windows 7 を未だに使用している方は、今すぐに Windows 10 の乗り換えをするようにしましょう。