SEブログ

【News】Windows10 1809の累積アップデート(令和対応)が公開

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

Microsoft の新元号対応で、昨日までは Windows 10 は 1809 より古いバージョンにおいて更新プログラムが配信されていましたが、ようやく 1809 も今日確認しました。

 

Enables a touch keyboard to support new Japanese Era characters. For more information, see KB4469068.

May 3, 2019—KB4495667 (OS Build 17763.475) | Microsoft

 

 

という事でやっと令和対応です。無事アップデートできました、Microsoft さんゴールデンウイーク中なのにお疲れ様です。有難うございます。

 

 

 

また、ちゃんとレジストリ値と合字の確認もしました。

 

 

 

 

令和対応のこの更新プログラムですが、実は他にも多数の修正がされています。(多くは新元号関係ですが)但し、残念ながら未だ右クリックのサブメニュー表示が遅い問題は解消されておりません。

 

【Windows10】October Update 後に右クリック後のサブメニュー表示が遅い

 

 

スポンサーリンク

新元号関係の修正項目

 

 

以下、新元号関係の修正項目をまとめました。

 

  1. 新元号の開始日が月の最初の日になっていない場合に ShellExperienceHost.exe が機能しなくなる問題を解決しました。詳しくは、KB4469068 を参照してください。
  2. CALDATETIME 構造体が 4 つ以上の新元号を処理できないという問題に対処します。詳しくは、KB4469068 を参照してください。
  3. 新元号をサポートするために NLS レジストリを更新します。詳しくは、KB4469068 を参照してください。
  4. DateTimePicker に日本語の日付形式で日付が誤って表示される問題を解決しました。詳しくは、KB4469068 を参照してください。
  5. 日付と時刻の設定コントロールが古い時代をキャッシュし、時間が新元号に入ったときにコントロールが更新されないという問題を解決しました。詳しくは、KB4469068 を参照してください。
  6. 新元号をサポートするためにフォントを更新します。詳しくは、KB4469068 を参照してください。
  7. IME (Input Method Editor) が新しい日本語の文字をサポートしないという問題を解決しました。詳しくは、KB4469068 を参照してください。
  8. 時計とカレンダーのフライアウトコントロールで、新元号の月の日付に誤ってマッピングされた曜日が表示される問題を解決しました。詳しくは、KB4469068 を参照してください。
  9. 新元号フォントの代替フォントを追加します。詳しくは、KB4469068 を参照してください。
  10. 新元号文字をサポートするための音声合成 (TTS) 機能を有効にします。詳しくは、KB4469068 を参照してください。

 

 

 

スポンサーリンク

他に気になった修正項目

 

 

他にも沢山修正項目はありますが、全量読むのも書くのは時間がかかるのでちょっと見て気になったものだけピックアップしてみました。

 

  1. 再起動後にタッチスクリーンが機能しなくなる可能性がある問題を解決しました。
  2. 多くの子ウィンドウを持つウィンドウをスクロールすると、UI が数秒間応答しなくなることがあるという問題に対処します。
  3. アプリケーションが応答を停止する原因となる Gdi32full.dll の問題を解決しました。
  4. アカウントを無効にした後も、ユーザーがスマートカードを使用してアカウントにログオンし続けることができるという問題に対処します。

 

 

 

その他

 

 

詳細は、Microsoft のサイトでご確認ください。また Windows Update カタログのリンクも貼っておきました。

 

サイト Windows Update カタログ
May 3, 2019—KB4495667 (OS Build 17763.475)

KB4495667

 

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!