SEブログ

【Azure AD】Azure AD connectをアンインストールする

こんにちは!

 

Azure AD connect をアンインストールしてみました。

オンプレミスの AD と Azure AD のディレクトリ同期を解除したい時に、この作業は必要になります。

 

事前作業

 

ここでは手順を割愛しておりますが、アンインストールする前に、PowerShell で同期を無効にする必要があります。

You can’t manage or remove objects that were synchronized through the Azure Active Directory Sync tool

https://support.microsoft.com/en-us/help/2619062/you-can-t-manage-or-remove-objects-that-were-synchronized-through-the

 

 

作業手順

 

1. コントロールパネルの [プログラムと機能] から、Microsoft Azure AD Connect をアンインストールします。

 

2. [削除] をクリックします。クリック後、アンインストールが開始されます。

 

3. 完了しますと、以下の画面が表示されます。[終了] をクリックします。

 

4. [プログラムと機能] のリストから Azure AD Connect 関連が全て消えました。残っている場合は、F5 キーでリフレッシュすると消えます。

 

5. 同期がされていない事を Azure AD Connect Health 側で見てみましょう。

ステータスが異常となっているのは、同期がされていない為になります。

 

6. Azure AD から同期は削除したいので、削除します。

 

7. 削除されました。

 

8. 同期のリストに項目がない事を確認します。以上になります。

 

 

いかがでしょうか。

 

アンインストール方法と、アンインストールされるものは Azure AD のみだけではなく関連プログラムも全てアンインストールされる事が分かりました。

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

おすすめの本はこちら ↓↓↓