Azure

【Azure】AzureVMの電源ステータスと電源操作について

2018年6月6日


Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/r5652521/public_html/soma-engineering.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1548

Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/r5652521/public_html/soma-engineering.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1548

Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/r5652521/public_html/soma-engineering.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1548

Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/r5652521/public_html/soma-engineering.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1548

Warning: preg_match(): Compilation failed: unrecognized character follows \ at offset 1 in /home/r5652521/public_html/soma-engineering.com/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 1548

こんにちは!

 

 

AzureVM(仮想マシン) で 電源ステータスを Azure Portal からではなく、Azure PowerShell から確認したい時があるかと思います。

また、指定した時間に仮想マシンを停止したり、開始したりするような自動化をしたいような場合もあるかと思います。

ここではそういった事を Azure PowerShell を使って確認したり操作する内容となっております。

 

 

この記事の内容は以下になります。

 

  • 仮想マシンの電源ステータスの一覧を理解します、
  • 仮想マシンの電源ステータスを Azure PowerShell で確認します。
  • 仮想マシンの電源オンを Azure PowerShell で実行します。
  • 仮想マシンの電源オフを Azure PowerShell で実行します。
  • 仮想マシンの電源ステータスが動作中であれば、電源オフを Azure PowerShell で実行します。

 

 

事前準備

 

 

  • Azure PowerShell で Azure Portal に接続済みである事。

方法は以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

 

【Azure】Azure PowerShellでAzureに接続する

 

 

電源ステータスの一覧

 

 

仮想マシンの電源ステータスの一覧になります。

 

電源ステータス 説明 補足
VM Starting 起動中である事を指します。
VM Running 動作中である事を指します。
VM Stopping 停止中である事を指します。
VM Stopped 停止済である事を指します。 仮想マシンの使用料金は発生します。
VM Deallocating 割り当て解除中である事を指します。
VM Deallocated 割り当て解除済みである事を指します。 仮想マシンの使用料金は発生しません。
VM Unknown 電源ステータスが不明である事を指します。 仮想マシンの動作に問題が発生している場合があります。

 

 

仮想マシンの電源ステータスを確認する

 

 

仮想マシンの電源ステータスは、Get-AzureRmVm コマンドレット を使用します。

-Status スイッチ</strong class="under-yellow">は指定した仮想マシンの電源ステータスの値を返します。

 

 

構文

 

 

 

では、このコマンドレットの実行結果を見てみましょう。

色々な情報が出力されます。下のほうに VM deallocated という表示があります。これが電源ステータスの返り値になります。

 

 

 

 

上記のコマンドでも確認できるのですが、出力される情報が多いですね。

ですので、実行結果を電源ステータスのみ出力してみます。

 

Get-AzureRmVm コマンドレットで仮想マシンの状態を取得し、変数 $VMStat に代入します。

上記コマンドレットの結果で返ってきた DisplayStatus の値である VM deallocated は Statuses の配列として 2 番目に表示されています。

ですので、$VMStat.Statuses [1].DisplayStatus として書き、返り値を #VMPwStat に代入します。

最後に、Write-Host でコンソールに出力します。

 

 

 

 

 

仮想マシンの電源操作

 

 

仮想マシンを停止する:電源オフ(割り当て解除)

 

 

Stop-AzureRmVm コマンドレットを使用します。実行後の電源ステータスの指定によって、以下構文を 2 パターンに分けました。

 

構文その①

-Force スイッチはオプションで、これを指定しないと、停止するかどうかの確認が表示されます。

 

 

 

構文その②

 

-StayProvisioned スイッチ割り当て解除をしない場合に指定します。指定すると実行結果の電源ステータスが Stopped になります。

 

 

 

 

 

仮想マシンを開始する:電源オン

 

 

Start-AzureRmVM コマンドレットを使用します。

 

構文

基本的に電源オフと同様の内容になります。

 

 

 

 

 

電源ステータスの確認と仮想マシンの電源オフの組み合わせ

 

 

それでは、以上の方法にもとづいて、仮想マシンの電源ステータスが VM running (動作中)であれば、電源オフをする処理を書いてみたいと思います。

($VMPwStat の値が "VM running" であると明示的に書いてみました。)

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

バッチなど、定期的に仮想マシンを停止し開始したい時に使えそうですね。

このようなコマンドレットを使う事によって自動化できるかと思います。

 

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

おすすめの本はこちら ↓↓↓

 

  • この記事を書いた人

そーまん

セキュリティエンジニアやってます。
ブログ歴3年。PVは月15万PV程度。
趣味はボクシング、筋トレ、登山です。
穏やかで人見知りな性格です。

人気記事

1

こんにちは!そーまんです。 今回は、PC に適用されている GPO を確認する方法について書きました。 本題に入る前に、一応参考までにGPOの適用タイミングについての記事をここに貼りましたので、必要に ...

2

こんにちは!そーまんです。 今回は sysprep について、全体的に PC をセットアップする観点から書いてみました。長々と書いてあります。まずは前置きからです。 まずはじめに 組織では PC のラ ...

3

こんにちは!そーまんです。 今回は、グループポリシー (GPO) を使って、特定のコンピューターに対して、ドメインユーザーに ローカル管理者権限 (以下は特権と記載) を付与する方法について書きました ...

4

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows サインイン後に一時ユーザープロファイルが読み込まれてしまった場合の解決方法について書きました。 Windows 10 の検証環境をいじってたらサイン ...

5

こんにちは!そーまんです。 今回は、ユーザープロファイルを削除する方法について書いてみました。 企業の場合よくあることですが、1 台の PC を共有 PC として複数人で使ったり、また余り無いかもしれ ...

6

こんにちは!SE ブログの相馬です。       今回は、繰り返し文について書いてみました。PowerShell では他のプログラミング言語同様、繰り返し処理を行うことが ...

7

コマンドを使って CPU とメモリの使用率をデータで取得してみましたので、例えば PC のトラブルシューティングで問題を再現させる際にデータを取得しておくと、原因の特定に役立つ場合があるかと思います。

8

既存の PC と同じ構成で別のメーカーの PC でマスターイメージを作る際、インストールされているアプリを同一にする為に必要になるかと思います。

9

企業で多くの GPO が適用されている環境では、PC に GPO が適用されなかったりする問題が発生する場合があるかと思います。その中でも、コンピューターの構成またはユーザーの構成のどちらかで、...

10

こんにちは!そーまんです。 今回は、Windows Server 2019 で NTP サーバーと同期する方法について書きました。 NTP サーバーの必要性や時刻同期の重要性を理解することは社内のシス ...

-Azure
-,


Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/r5652521/public_html/soma-engineering.com/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637