SEブログ

【Windows10】コントロールパネルからアイコンを非表示にする

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

今回は、コントロールパネルからアイコンを非表示にする方法について書きました。

 

 

コントロールパネルには多くのアイコンが表示されていますよね。キーボードやマウス、インターネットオプションなど色々あります。

 

 

コントロールパネルに設定できるアイコンが多いのは良いのかもしれませんが、実際に開くアイコンはそれほど多くないかと思います。むしろ、そもそもコントロールに頻繁にアクセスする事はあまり無いのかと思います。

 

 

また企業では、セキュリティ上の理由などでユーザーから開いて欲しくないアイコンがあったりします。例えば、Windows ファイヤーウォールとか、ネットワークと共有センターとか管理ツールなどです。

 

 

実際の現場では、上記のようなアイコンはアクセス制限をしているかと思います。仮にアイコンを開いてとしても中身が見れないので、それなら表示している意味が無いのですから、いっそのこと非表示にした方が良いですよね。

 

 

このように、ユーザーが開けるアイコンのみ表示しておけば、つまりユーザーに優しい設定になります。アイコンの数が少ないので、キーボードやマウス、ディスプレイなどユーザーが使うようなアイコンがすぐに見つけられる為です。

 

 

 

コントロールパネルの中身

 

 

ではまず、Windows 10 のコントロールパネルを見てみましょう。初期設定では以下のようなアイテムが表示されています。(Windows 10 Enterprise 2016 LTSB の環境)

 

 

 

 

アイテムのパラメーター一覧

 

 

コントロールパネルのアイテムには Canonical Names という値を持っており、それを GPO または レジストリに入れてあげる必要があります。

 

 

Canonical Names については Microsoft のサイトで説明がありますので、リンクを貼っておきます。

 

 

Canonical Names of Control Panel Items | Microsoft

 

アイテム名
BitLocker ドライブ暗号化 Microsoft.BitLockerDriveEncryption
Flash Player FlashPlayerCPLApp.cpl
RemoteApp とデスクトップ接続 Microsoft.RemoteAppAndDesktopConnections
Windows Defender Microsoft.WindowsDefender
Windows To Go Microsoft.PortableWorkspaceCreator
Windows ファイアウォール Microsoft.WindowsFirewall
インターネットオプション Microsoft.InternetOptions
インデックスのオプション Microsoft.IndexingOptions
エクスプローラーのオプション Microsoft.FolderOptions
キーボード Microsoft.Keyboard
コンピューターの簡単操作センター Microsoft.EaseOfAccessCenter
サウンド Microsoft.Sound
システム Microsoft.System
セキュリティとメンテナンス Microsoft.ActionCenter
タスクバーとナビゲーション Microsoft.Taskbar
ディスプレイ Microsoft.Display
デバイスマネージャー Microsoft.DeviceManager
デバイスとプリンター Microsoft.DevicesAndPrinters
トラブルシューティング Microsoft.Troubleshooting
ネットワークと共有センター Microsoft.NetworkAndSharingCenter
バックアップと復元 (Windows7) Microsoft.BackupAndRestoreCenter
ファイル履歴 Microsoft.FileHistory
フォント Microsoft.Fonts
プログラムと機能 Microsoft.ProgramsAndFeatures
ホームグループ Microsoft.HomeGroup
マウス Microsoft.Mouse
ユーザーアカウント Microsoft.UserAccounts
ワークフォルダー Microsoft.WorkFolders
音声認識 Microsoft.SpeechRecognition
回復 Microsoft.Recovery
管理ツール Microsoft.AdministrativeTools
既定のプログラム Microsoft.DefaultPrograms
記憶域 Microsoft.StorageSpaces
言語 Microsoft.Language
個人用設定 Microsoft.Personalization
資格情報マネージャー Microsoft.CredentialManager
自動再生 Microsoft.AutoPlay
色の管理 Microsoft.ColorManagement
赤外線 Microsoft.Infrared
地域 Microsoft.RegionAndLanguage
電源オプション Microsoft.PowerOptions
電話とモデム Microsoft.PhoneAndModem
同期センター Microsoft.SyncCenter
日付と時刻 Microsoft.DateAndTime

 

 

 

設定方法

 

グループポリシーで設定する

 

 

1. グループポリシーの管理を起動し、GPO を作成します。

 

 

2. 作成した GPO を編集します。

 

 

 

3. [ユーザーの構成] – [ポリシー] – [管理用テンプレート] – [コントロールパネル] をクリックし、右ペインにある [指定されたコントロールパネルの項目を非表示にする] を右クリックして [編集] をクリックします。

 

 

 

4. [有効] をクリックし、[表示] をクリックします。

 

 

 

5. 一覧に値を入力してゆきます。これが Canonical Names になります。

 

 

 

6. GPO を対象の OU にリンクします。

 

 

 

7. PC を再起動しますと、コントロールパネルから指定したアイテムが消えました。

 

 

 

 

レジストリで設定する

 

 

1. レジストリエディタを起動し、以下のパスまで辿ってゆきます。

 

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

 

 

2. Explorer のキーに DisallowCPL のDWORD を作成し、値を 1 に設定します。

 

 

 

 

3. Explorer のキーを右クリックし、[新規] – [キー] をクリックします。

 

 

 

 

4. DisallowCPL のキーを作成します。

 

 

 

5. DisallowCPL のキーを右クリックし、[文字列値] をクリックします。

 

 

 

6. 一覧に値を入力してゆきます。これが Canonical Names になります。

 

 

7. PC を再起動しますと、コントロールパネルから指定したアイテムが消えました。

 

 

 

 

補足事項

 

 

コントロールパネルのアイテムを非表示にすると、今度は GUI からアクセスができなくなりますので、コマンドで起動する事になります。

 

 

その場合は、以下の記事を参考にしていただければアイテム毎にコマンドで起動できます。見ていただけますと嬉しいです。

 

【Windows10】コントロールパネルのアイテムをコマンド起動

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしょうか。これでコントロールパネルのアイテムを非表示にする方法が確認できました。ユーザーが使用するアイテムのみ、例えばマウスやキーボードやディスプレイなどを表示させておく事によって、視認性が良くなりアイテムを見つけやすくなります。

 

 

システム管理する側としては、コマンドからコントロールパネルを開けば良いので、コマンドさえ分かっていれば特別問題は無いかと思います。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!