SEブログ

【News】匿名プロキシのTorが向かっている先

 

こんにちは!SE ブログの相馬です。

 

 

 

皆さんは匿名プロキシって使われた事はありますか?匿名プロキシとは、簡単に言うと「インターネットをしても接続元であるあなたの PC や IP に関する情報がバレないようにする為のツール」です。

 

 

また閲覧したホームページまでのサーバーの経路なども情報も一切残りません。つまりリアルな世界で言えば、出発地点から目的地まで、足跡も一切を残さない状態でたどり着けるわけです。

 

 

匿名プロキシはいくつかあるかと思いますが、その中でも世界的に有名なのが、TOR になります。今から 5 年以上前に、私が外資系の会社にいた時、アメリカのサンアントニオにあるセキュリティーベンダーにいたアメリカ人のエンジニアと一緒に仕事をした時があり、その時 TOR について教えてもらいました。

 

 

 

Tor とは

 

 

Tor とは「The Onion Router」の略で、日本語ではトーアと言われています。オニオンルーター (玉ねぎルーター) のコンセプトからきており、これは玉ねぎのように剥いても剥いても中身が見えないと言う発想からきています。(リアルの玉ねぎはそうじゃないですけどね)

 

 

Tor は米海軍調査研究所 (NRL) が出資で開発された暗号化通信方式であり、国防高等研究計画局 (DARPA) の支援も受けています。DARPA は、軍隊で使用する新技術を開発する組織で、アメリカ国防総省の機関になります。

 

 

DARPA と言えば、インターネットの原型であるARPANET・全地球測位システムの GPS を開発した組織で、最近で言えば文脈が読める AI を開発プログラムを実施したり、1人で100 機以上のドローンを操縦する技術を開発しているそうです。

 

 

 

Tor の利用者

 

 

2019 年に入ってからはおよそ 200 万人が常時利用しているようです。去年の今頃では倍以上の 400 万人で今までで一番多い利用でした。Firefox との親和性があり、Firefox に Tor を内蔵するよう開発中出そうです。

 

 

 

Tor の政府外からの寄付が増加

 

 

そんな当サービスを提供している Tor Foundation は政府からの補助金で運営しておりますが、政府外から補助金を集める為に寄付を始めたところ、非政府からの寄付が増加し、46 万ドル (2019/1/14 時点では 5,000 万円) 集まりました。

 

 

Tor への寄付は以下のサイトからできます。現在はクレジットカードか、PayPal どちらかを選択するようになっています。10 ドルから寄付が可能で、25 ドルからステッカーなどのギフトがもらえるようです。(日本でギフトの受け取りができるかは不明です。)

 

Tor: Strength In Numbers | Tor

 

 

 

Tor が向かっている先

 

 

国によっては閲覧制限があったり、監視経済によって個人情報が取られてしまうような事から解放されるよう、Tor は自由で安全なインターネットを目指しているようです。

 

 

かのエドワード・スノーデン氏もこの Tor を使っていた事もあり、またジュリアン・アサンジが創設した WikiLeaks で内部告発するツールとしても Tor が使われているようです。