SEブログ

【Azure】Azure PowerShellでAzureに接続する

こんにちは!

 

 

今回は、Azure PowerShell でAzureに接続する方法を書きました。

 

Azure の需要がだいぶ増えてきているなかで、AzureVM の操作、例えばリソースの管理をする場合は Azure PowerShell を使う事が多くなっているのではないでしょうか。

2016 年の市場調査ですが、パブリッククラウドにおいて、Azure は 2 位で、 AWS の次に利用されているようです。

 

 

導入数1位はAWS、検討数1位はAzure–MM総研が国内クラウド動向調査 (リンクをクリックしますと別タブで開きます。)

https://japan.zdnet.com/article/35093622/ | ZDNet Japan

 

 

また、Azure で Linux などが使えるようになった事もあり、まだまだ需要は伸びてゆくと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

Azure を使ったことが無い方

 

 

Azure を使っていない方は無料のアカウントが作成できます。(2018年5月時点での確認)

また、アカウントを作成しますと、もれなく 22,500 円の無料クレジットが付いてきます。(2018年5月時点での確認)

(クリックしますと別タブが開きます。)

 

Azure の無料アカウント

https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/ | Microsoft Azure

 

 

 

 

スポンサーリンク

Azure PowerShell のインストール

 

 

本記事の内容を進めるには、Azure PowerShell のインストールが必要です。

Azure PowerShell のインストールについては、記事を書きましたのでこちらをご参考いただけると幸いです。

(リンクをクリックしますと、新しいタブが開きます。)

 

 

【Azure】Azure PowerShellを使う

 

 

 

Azure PowerShell で Azure に接続する

 

 

1. まず、AzureRM モジュールを読み込みます。

 

PS C:\Users\User> Import-Module -Name AzureRM

 

 

2. Azure に接続します。

 

Connect-AzureRmAccount コマンドレットを使います。

 

PS C:\Users\User> Connect-AzureRmAccount


# 実行結果、以下の認証ウィンドウが表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

3. 認証が完了しますと、以下のようにアカウントについての情報が表示されます。

 

PS C:\Users\User> Connect-AzureRmAccount


# 認証結果

Account : masashi.soma@soma-engineering.com
SubscriptionName : 従量課金
SubscriptionId : 消してます
TenantId : 消してます
Environment : AzureCloud

 

 

 

4. 契約しているサブスクリプションを表示することもできます。

 

PS C:\Users\User> Get-AzureRmSubscription


# 実行結果
Name : Azure Pass
Id : 消してます
TenantId : 消してます
State : Disabled

Name : 従量課金
Id : 消してます
TenantId : 消してます
State : Enabled

 

 

 

以上となります。

Azure PowerShell を使って、Azure に接続する事ができました。

これで、Azure のリソースを作成したりする事ができるようになります。

 

 

いかがでしょうか。

 

次のステップへ進めたい方は、Azure のリソース管理についての記事を読まれる事をお勧めいたします。

(クリックしますと、ページが移動します。)

 

 

【Azure】Azure PowerShellでリソースグループを作る

 

 

では最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

おすすめの本はこちら ↓↓↓