SEブログ

【Azure】Azure PowerShellでリソースグループを作る

こんにちは!

 

 

 

今回は Azure PowerShell から Azure に接続して、リソースグループを作る方法について書きました。

 

 

 

スポンサーリンク

リソースグループとは

 

 

Azure リソースマネージャー (ARM) では、仮想マシン、仮想ネットワーク、Web アプリ、データベース サーバーなどの複数のリソースを束ねて管理できます。

このような一連の作成、更新や削除をいった操作は、リソースグループ ID というものが必要になります。

リソースグループ ID はリソースグループと呼ばれています。

 

 

 

 

Youtube で Microsoft が制作した動画説明がありますのでリンクとして貼っておきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

リソースグループを作成する

 

 

では早速リソースグループを作ってみましょう。

 

リソースグループを作るには、New-AzureRmResourceGroup コマンドレットを使います。

また、Test Lab というリソースグループ名 Japan West というロケーションを指定します。

 

PS C:\Users\User> New-AzureRmResourceGroup -ResourceGroupName "TestLab" -Location "Japan West"


# 実行結果

ResourceGroupName : TestLab
Location : japanwest
ProvisioningState : Succeeded
Tags :
ResourceId : /subscriptions/.../resourceGroups/TestLab ← ... で文字を置き換えています。

 

 

 

コマンドの実行が完了しましたので、リソースグループが作成されたか、確認してみましょう。

ちゃんと TestLab が作成されている事が確認できました。

 

 

 

 

余談ですがですが、世界に Azure のリージョンが 2018年5月現在でどのくらいあるのか見てみました。

 

50 リージョンあり、140 の国で利用可能だそうです。凄いですね!

 

 

Azure リージョン(クリックしますと別タブで開きます。)

https://azure.microsoft.com/en-us/global-infrastructure/regions/ | Microsoft Azure

 

 

 

リソースグループを確認する

 

 

では、作成したリソースグループについて、Azure PowerShell で確認してみましょう。

リソースグループを確認するには、Get-AzureRmResourceGroup コマンドレットを使います。

 

 

Get-AzureRmResourceGroup


# 実行結果

ResourceGroupName : devus
Location : eastus
ProvisioningState : Succeeded
Tags :
ResourceId : /subscriptions/.../resourceGroups/devus ← ... で文字を置き換えています。

ResourceGroupName : TestLab
Location : japanwest
ProvisioningState : Succeeded
Tags :
ResourceId : /subscriptions/.../resourceGroups/TestLab ← ... で文字を置き換えています。

 

 

 

以上となります。

 

 

いかがでしょうか。Azure PowerShell でリソースグループを作成する事ができました。

また、リソースグループとは何か、この記事で少しでもおわかりいただけたら幸いです。

 

では最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

おすすめの本はこちら ↓↓↓